VIO脱毛のメリット・デメリットとは

脱毛

ワキやひざ下に続いて、VIO脱毛が最近人気となっていることを知っていますか?

なんでも、VIO脱毛には女性に嬉しいさまざまなメリットがあるんだとか。

今回は、VIO脱毛のメリット・デメリットについてご紹介します。

VIO脱毛のメリット

面倒な自己処理から解放される

VIO脱毛をすると、自己処理から解放されるのが大きなメリットです。

VIOのムダ毛は濃く、生えるスピードも速いです。

そのため、自分で処理するとなると、頻度が頻繁になってしまいがち

また、VIOは自分では見えにくい部位なので、鏡などを利用したり体制に気を使ったりして処理をしなくてはならないのも面倒ですよね。

形も複雑なので、肌を傷つけないように自己処理しようと思うと時間も手間もかかってしまいます。

VIO脱毛をすれば、そんな自己処理の煩わしさから解放されます。

VIOのムダ毛処理を日常的にしなくて良くなるとムダ毛処理にかけるお金や時間を節約できます。

早いうちに脱毛に通い始めた方が、長い目で見るとお金も時間も節約できそうですね。

自己処理による肌トラブルを防げる

VIO脱毛をして自己処理が不要になると、肌トラブルを防ぐ効果も期待できます。

VIOは、デリケートゾーンとも呼ばれる通り、肌が薄く敏感な部位です。

しかし、生えてくる毛は濃く処理しにくい箇所であることから、自己処理によって肌に負担をかけてしまいやすいのです。

頻繁な自己処理によって肌にダメージを与え続けると、VIOの黒ずみや乾燥・埋没毛・毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

また、自分では見えにくいVIOを自己処理していると、カミソリや毛抜きで肌自体を傷つけてしまうこともあるでしょう。

VIO脱毛をすれば、このような自己処理による肌トラブルを防ぐことができます。

脱毛によって自己処理が不要になるくらいムダ毛をなくせば、肌にダメージを与えることなく過ごすことができるからです。

VIOの黒ずみなどを防いでキレイに保ちたい方は、脱毛してしまうのがおすすめです。

清潔に保ちやすくなる

VIO脱毛をすると、清潔に保ちやすくなるというメリットもあります。

VIOにムダ毛が生えていると、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイやかゆみの原因になってしまうことがあります。

さらに、ムダ毛があると毛に汚れが絡まりやすいので、生理中の経血やその他の汚れなどがきれいに処理できず、不衛生な状態になってしまうことも。

脱毛によってムダ毛をなくす・減らすなどすれば、VIOを清潔に保ちやすくなり、上記のような悩みから解放されることが期待できます。

生理中の蒸れやかゆみに悩んでいる方などは、VIO脱毛をするのがおすすめです。

水着や下着を堂々と着られる

VIO脱毛をすると、ムダ毛のはみ出しを気にせずに水着・下着を着ることができます

自己処理では、処理が甘くてムダ毛が見えてしまったり、チクチクと生えてきたムダ毛が水着の生地を貫いて見えてしまった…なんてこともあります。

せっかくおしゃれなデザインの水着や下着を身につけても、VIOのムダ毛がはみ出てしまうと台無しですよね。

少し際どいデザインの下着に挑戦したい場合や、海やプールでムダ毛を気にすることなく過ごしたい方は、VIO脱毛をしておくと安心でしょう。

プロに施術してもらうことでキレイな形にしてもらえる

プロの手を借りてVIO脱毛をしてもらうと、ムダ毛をキレイな形に整えてもらえるというメリットもあります。

VIOのムダ毛を自己処理しようと思うと、意外と難しいのがVラインのデザイン。

左右対称な形にできなかったり、思ったよりも範囲が狭くなってしまったりなど、自分で思い描く理想の形に整えるのは結構難しいものです。

その点、脱毛サロンやクリニックで脱毛を受ければ、プロが施術をしてくれるので理想の形に仕上がります。

「Vラインをどのような形にするか」という相談に乗ってもらえるのも嬉しいポイントですね。

男性から喜ばれる

VIO脱毛をすると、男性から喜ばれるというメリットもあります。

中には「自然なままの状態がいい」という男性もいるのは事実ですが、VIOのムダ毛を処理することで清潔感がアップし、黒ずみなども解消されると、多くの男性は嬉しく感じることでしょう。

特に外国人の男性は、VIO脱毛をすると好印象を持ってくれることが多いです。

というのも、欧米などの諸外国では、VIOのムダ毛を清潔のために処理している女性が多いからです。VIO全体を毛のない状態にするハイジニーナに処理している女性も珍しくないんだとか。

日本の女性がワキ毛をしっかり処理しているのと同じくらい、外国ではVIOのムダ毛処理が重視されているのです。

日本人の男性はもちろん、外国人の男性を射止めたい方は、VIO脱毛をしておくのがおすすめです。

VIO脱毛のデメリット

施術中にVIOを見られるのが恥ずかしい

VIO脱毛のデメリットといえば、脱毛時に恥ずかしいことです。

VIO脱毛をするときには、当たり前ですが施術してくれる方の前に脱毛部位を晒すことになります。

Vラインはともかく、IラインやOラインを他人に見せる機会なんてそうそうありませんから、恥ずかしさを感じる方も多いようです。

しかし、多くの脱毛サロン・クリニックでは、VIO脱毛の際に恥ずかしさを感じにくいように配慮されています。

VIO脱毛時には、ショーツをずらすようにして光やレーザーを照射し、VIOが全て丸見えに!なんてことがないようにしてくれるんだとか。

多くの脱毛機関では、下半身に何もつけない状態で施術するわけではないので、少しは恥ずかしさも和らぎそうですね。

痛みを感じやすい

VIO脱毛には、痛みを感じやすいというデメリットもあります。

VIOは、体の部位の中でも脱毛の際に最も痛みを感じやすいと言われている部位のひとつです。

VIOは肌が薄くてデリケートである上に、生えているムダ毛が太いため、痛みを感じやすいのです。

脱毛時の痛みの感じ方には個人差がありますが、一般的にはサロンでの脱毛の方がクリニックでの医療脱毛よりも痛みを感じにくいと言われています。

脱毛時の痛みが心配な方は、サロンを選んだり麻酔に対応してもらえるクリニックを選ぶなどするのがおすすめです。

また、契約前にサロン・クリニックの口コミを確認して、痛みについてチェックしておくといいかもしれませんね。

一旦脱毛すると元に戻せなくなることも

一旦VIO脱毛をすると、元の毛の状態には戻しづらくなるというデメリットもあります。

脱毛を行えばその箇所にムダ毛が生えてきづらくなるというのは脱毛の大きなメリットですが、VIO脱毛の場合は、形などの問題で後悔してしまうこともあるようです。

特に、VIOの全てのムダ毛をツルツルに処理するハイジニーナ脱毛を行なった場合は、「毛を残しておけばよかったかも」と後悔することも多いよう。

外国ではハイジニーナは珍しいことではありませんが、日本ではやはりVラインに毛を残した状態の人がほとんどです。

ハイジニーナにしてしまうと、温泉などに行った際に恥ずかしく感じてしまうことがあるようです。

VIO脱毛の際には、のちのち後悔しないよう、デザインについてしっかり考えたいですね。

まとめ

いかがでしたか?今回は、VIO脱毛のメリット・デメリットについてご紹介しました。

VIO脱毛には多くの嬉しいメリットがあるので、最近人気の脱毛箇所であることも頷けますね。

ただし、VIO脱毛にはデメリットもあることは事実。メリット・デメリットを知った上で、VIO脱毛をするかどうか検討してみてくださいね。

コメント