VIOのムダ毛処理の方法について。自己処理からサロン脱毛まで詳しく解説します

脱毛

VIOのムダ毛の処理方法に困っていませんか?

VIOは毛が濃いのに加えて自分で処理しづらい部位なので、どう処理するのが正解なのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、VIOのムダ毛の処理方法についてご紹介します。

自己処理の方法だけでなく、サロンなどでプロの手を借りて行う脱毛についても解説するので、ムダ毛の処理方法に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

VIOのムダ毛を自己処理する方法

カミソリ

ムダ毛を自己処理する方法として最もメジャーなのが、カミソリで剃ることではないでしょうか。

VIOのムダ毛もカミソリで自己処理することができます。

用意するもの

  • カミソリ
  • シェービング剤
  • ハサミ
  • ボディクリーム

処理方法

  1. ハサミでVIOのムダ毛をカットして短くする
  2. ムダ毛を剃る箇所にシェービング剤を塗る
  3. VIOが見えやすいように鏡をセットする
  4. カミソリで剃る
  5. ボディクリームで保湿する

カミソリでVIOの毛を自己処理するときは、ハサミで長さのある毛をカットして剃りやすくしてから行いましょう。

また、必ずシェービング剤を使用するようにしてくださいね。

シェービング剤なしで剃ってしまうと、肌を傷つけてしまったり、埋没毛などの原因になってしまうこともあります。

使用する鏡は、スタンドがついていて自立するものがおすすめです。

鏡に向かって足を開くようにして自己処理するとVIOが見えやすいです。

自立する鏡を持っていない場合は、手鏡を平置きし、そこにまたがるようにするといいですよ。

カミソリで毛を処理した後は、肌が普段よりもデリケートになっています。

アフターケアとしてしっかりボディクリームで保湿することを忘れないようにしてください。

電動シェーバー

VIOの毛を剃って自己処理したい場合、カミソリよりもおすすめなのが電動シェーバーです。

電動シェーバーは、肌に直接刃が当たらないようにガードがついているものが多く、カミソリよりも肌に負担をかけにくいからです。

VIOはデリケートゾーンとも呼ばれる通り、肌が薄くてダメージを受けやすい箇所です。

できるだけカミソリよりも電動シェーバーを使って自己処理するようにしましょう。

用意するもの

  • 電動シェーバー
  • ハサミ
  • ボディクリーム

処理方法

  1. ハサミでVIOのムダ毛をカットして短くする
  2. VIOが見えやすいように鏡をセットする
  3. 電動シェーバーで剃る
  4. ボディクリームで保湿する

電動シェーバーを使った自己処理方法は、基本的にカミソリで剃る方法と同じです。

電動シェーバーを使用する際にはシェービング剤を使用する必要はないという点のみが違います。

カミソリや電動シェーバーでVIOの毛を剃る前には、入浴するなどして体を温めておくのがおすすめです。

体が温まることで毛が柔らかくなり、剃りやすくなります。

また、Vラインを剃る前にサインペンなどで形をマーキングしておくと、自己処理でも理想通りの形にしやすいですよ。

毛抜き

VIOのムダ毛は、毛抜きで抜いて自己処理することも可能です。

しかし、VIOは範囲が広い上に抜くときに痛みを感じやすいので、毛抜きを使った自己処理はあまりおすすめしません。

それでも毛抜きを使いたい!という方のために、毛抜きでの正しい自己処理方法をご紹介しますね。

用意するもの

  • 毛抜き
  • ホットタオル
  • 化粧水
  • コットン
  • ボディクリーム

処理方法

  1. 毛抜きを消毒する
  2. ホットタオルをVIOに当てる
  3. 鏡をVIOが見えるようにセットする
  4. 毛抜きでムダ毛の根元を挟んで引き抜く
  5. 毛を抜き終わったら化粧水を含ませたコットンを数分VIOに当ててクールダウンする
  6. ボディクリームで保湿する

VIOを毛抜きで自己処理するときは、雑菌が入りやすいのでVIOだけでなく毛抜き自体も消毒しておきましょう。

毛を抜く前にホットタオルで毛穴を開くと、痛みを軽減することができます。

毛抜きを使用する際には、毛の流れに沿って引き抜くようにしてくださいね。

自己処理後には、VIOが赤くなったり熱を持ったようになってしまうことが多いです。

化粧水を含ませたコットンを当てるなどして、毛を抜いた部分をクールダウンさせましょう。

ヒートカッター

ヒートカッターは、VIOを自己処理するときのおすすめアイテムです。

熱で毛を焼き切ることができるので、VIOの毛の長さをカットしたい時に使用します。

用意するもの

  • ヒートカッター
  • ボディクリーム

処理方法

  1. VIOを清潔な状態にする
  2. カットしたい部分の毛を約10本ずつとり、ヒートカッターでカットする
  3. ボディクリームで保湿する

ヒートカッターを使用するときは、ムダ毛を少し引っ張るようにするとカットしやすくなります。

また、ヒートカッターはあくまでも毛を短く整えるためのものなので、根元からムダ毛をなくすことはできません。

根元から自己処理したい場合は、ヒートカッターを使用した後に電動シェーバーなどで剃るといいでしょう。

除毛クリーム

除毛クリームを使ってVIOの自己処理をすることもできます。

除毛クリームとは、ムダ毛を溶かしてなくすことができるアイテムです。

除毛クリームでVIOを自己処理する際には、必ず「VIOにも使用可能」と表記されているものを選んでくださいね。

用意するもの

  • 除毛クリーム
  • ボディクリーム

処理方法

  1. パッチテストを行う
  2. VIOを清潔な状態にする
  3. 除毛クリームを塗る
  4. 商品に記載されている時間放置し、クリームを拭き取る
  5. ぬるま湯でよく洗い流す
  6. ボディクリームで保湿する

除毛クリームを使用する前には、必ずパッチテストを行いましょう。

事前にパッチテストを行うことで、除毛クリームが肌に合うかどうかを確かめることができます。

パッチテストでは、二の腕の内側の皮膚に除毛クリームを塗って10分ほど放置し、肌にトラブルが起きないかをチェックしてください。

もしもパッチテスト後に肌に赤みやかゆみなどのトラブルが出た場合は、除毛クリームが肌に合わなかったということ。

VIOに使用するのは避け、他の除毛クリームを探す・違う処理方法にするなどの対応をしてください。

除毛クリームを塗るときは、しっかり毛の根元まで塗りましょう。オフする時には毛の流れに逆らうようにして拭き取るとやりやすいです。

除毛クリームを使用した後は肌が乾燥しやすくなっているので、ボディクリームでの保湿ケアを怠らないようにしてくださいね。

VIOのムダ毛をサロン・クリニックで脱毛する方法

光脱毛

脱毛サロンでVIOの脱毛を受ける場合は、光脱毛という方法で脱毛を行います。

脱毛効果のある光を照射して毛根を弱らせることで、ムダ毛をきれいにするのです。

脱毛サロンで受けられる光脱毛には、IPL脱毛やSSC脱毛、SHR脱毛などの種類があり、それぞれの脱毛方法によって痛みの感じやすさや得意とする毛の太さに違いがあります。

  痛み 得意とする毛の太さ
IPL脱毛
SSC脱毛
SHR脱毛

VIO脱毛の痛みを極力抑えたい方はSHR脱毛、脱毛の効果を重視したい方はIPL脱毛を選ぶといいでしょう。

「サロンでVIO脱毛してもらうのは恥ずかしくて抵抗がある」という方も多いですが、脱毛サロンではなるべく恥ずかしさを感じないように施術をしてもらえます。

脱毛前に専用の紙ショーツにはきかえ、ショーツをずらすようにして光を照射するので、VIOが丸見えになる心配はないんですよ。

医療レーザー脱毛

クリニックなどの医療機関でVIO脱毛を受ける場合は、医療レーザー脱毛という方法で行います。

サロンの光脱毛よりも出力が高いレーザーを照射し、毛根を破壊することで脱毛効果を得るのです。

医療脱毛は、サロンでの脱毛よりも効果が高いのが特徴です。

脱毛サロンでは脱毛完了までにだいたい12回程度の施術を受けなければならないのに対し、医療脱毛は6回程度で脱毛が完了すると言われています。

しかし、医療脱毛では光脱毛よりも高出力の機器を使用するため、痛みを感じやすいという特徴もあります。

VIOは毛が濃い上に皮膚が薄く、ただでさえ脱毛時の痛みが大きいと言われている部位です。

痛みに敏感な方は、医療脱毛だと苦痛に感じてしまうかもしれませんね。

痛みに耐えられない場合には麻酔に対応してくれるクリニックもあるので、VIO脱毛の痛みが心配な方は麻酔をしてもらえるクリニックを選ぶと安心です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、VIOのムダ毛処理の方法についてご紹介しました。

VIOを自己処理するときは、ヒートカッターや電動シェーバーを使用するのがおすすめです。

とはいえ、VIOは目視しにくく、自己処理には限界があります。

ツルツルできれいな状態を目指したい方は、サロンやクリニックでプロの手を借りて脱毛するのがおすすめですよ。

コメント