失敗したくない!自分に合った脱毛サロンの選び方

脱毛

脱毛サロンの需要は年々高まりつつあり、今や女性だけではなく男性の利用者も急増しています。

それに伴い店舗数もどんどん拡大していき、テレビCMや雑誌広告で様々な脱毛サロンを目にする機会も多いのではないでしょうか。

けれども山ほどある脱毛サロンの中で、自分にあったお店を探すのはなかなか大変です。

そこで今回はサロン選びでお悩みの方のために、失敗しない脱毛サロンの選び方についてご紹介します。

脱毛サロンに通うメリットとは?

毎日のお手入れがグンと楽になる

脱毛サロンは決して安いものではないため、通いたい気持ちはあってもつい慎重になってしまいますよね。

ですが長年のコンプレックスが解消したり、毎日のお手入れが楽になるといったメリットもたくさんあります。

脱毛サロンで施術をしてもらうと、徐々にですがお手入れの回数は減っていきます。

通院すればするほど自己処理をする手間がなくなるので、毎日のプチストレスから解放されるといった喜びも。

今までの苦労が嘘のようにお手入れが楽になるため、自己処理にかかった時間をスキンケアに費やすことができますよ。

自己処理による肌トラブルを防げる

カミソリや電気シェーバーでムダ毛を処理すると、毛穴のブツブツが気になったり肌を傷つけてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

他にもカミソリ負けで肌が炎症したり、剃っても仕上がりがイマイチと感じることも。 ムダ毛の自己処理は肌を傷つける恐れや、黒ずみや埋没毛といった肌トラブルを引き起こす要因にもなりかねません。

その点、脱毛サロンに通っていると自己処理の回数が極端に減ります。

毛が目立たなくなると同時に、自己処理による肌への負担も軽減するため美肌になれるといった嬉しい効果もあるんです。

ホームケアよりも効果が出やすい

最近では自宅でサロン級のケアができる、家庭用脱毛器もたくさん出回っています。

2万~10万前後と安価で手に入るため、脱毛サロンではなく家庭でケアする方も増えています。

ただし家庭用の脱毛器は照射パワーが弱いものもあり、商品によっては思うような効果が得られないケースも珍しくありません。

特に照射力の高い医療脱毛に比べると差は歴然であり、短期間で早く効果を得るなら脱毛サロンに行くことをおすすめします。

知っておきたい脱毛のこと

脱毛には、光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3タイプがあります。

どれも脱毛という目的は同じでも、タイプによって施術内容や金額に大きな差があるのをご存じでしたか?

また脱毛タイプによる効果や仕上がりの違い、さらには部位によっては向き不向きもあります。

そのため脱毛サロンを選ぶ前に、まずは脱毛についてきちんと知ることからはじめてみましょう。

医療脱毛と美容脱毛の違い4つ!あなたに向いているのはどっち?
脱毛には、医療脱毛と美容脱毛の2種類があることを知っていますか?脱毛を考えているなら、2種類の脱毛方法の違いを知った上で自分に合った脱毛方法を選びたいですよね...

痛みや肌ダメージが少ない光脱毛

光脱毛とは、メラニン色素(黒い色)に反応する特殊な光を肌に当て、毛根を徐々に弱らせていく脱毛方法です。

痛みや肌ダメージが少なく、安価で通えるため近年の脱毛サロンでは光脱毛が主流になりつつあります。

けれども光脱毛は他の脱毛方法に比べ、効果が現れるまでに時間がかかってしまうといったデメリットもある為、 長期的に通院できる方、または肌への負担をできるだけ抑えたい方などにおすすめです 。

少ない回数で効果を得られるレーザー脱毛

レーザー脱毛は光脱毛に仕組みは似ていますが、医療行為となるため医師または看護師が常駐する医療機関でしか施術できません。

照射力の高いレーザーを肌に当てることで毛根細胞を破壊し、少ない回数でも優れた脱毛効果を実感できる脱毛方法です。

けれども効果が得られやすい分、施術時には輪ゴムではじかれたような痛みを伴うこともあります。

光脱毛よりも高額にはなりますが、短時間でしっかり効果を出したい方にぴったりです。

1本1本確実に減らすならニードル脱毛

1本ずつ確実にムダ毛をなくしたい方は、ニードル脱毛という電気針を使った脱毛方法もおすすめです。

3タイプの中で最も高額にはなりますが、産毛にも対応できるため他の脱毛方法では効果が得られにくい場合にも良いでしょう。

ただし毛穴から電気を流して毛根を壊すため、施術時には強い痛みが生じることもある為、 痛みに弱い方には不向きですが、最も確実な脱毛方法なので1本も残さずムダ毛を処理したい方には最適です。

脱毛サロンの選び方のポイント

通院期間で決める

脱毛サロンでの脱毛はすぐに効果が現れるものではないので、長いスパンで考えなければなりません。

現在の主流となっている光脱毛は、2週間に1回の通院ペースからはじまり、毛量の減り具合に比例して徐々に間隔があいていきます。

脱毛サロンによって回数があらかじめ設定されていたり、2年間通い放題といったプランも中にはあります。

レーザー脱毛なら1回の施術でも効果が出やすいため、光脱毛に比べて通院回数も少なく短期間で完了してしまうところも多いです。

またニードル脱毛の場合は1度に処理できる本数が限られているため、時間がかかると同時に部位によっては頻繁に通院しなければなりません。

そのため脱毛サロンの選び方のひとつとして、どのぐらいのペースで通院できるか、または完了までの期間についても考えてみてはいかがでしょう。

脱毛したい部位で決める

脱毛サロンでは、決められた部位のみの脱毛から全身脱毛まで様々なプランが用意されています。

どこを脱毛するかによってベストな脱毛方法も異なるため、脱毛したい部位で決めるといった選び方もひとつの手です。

たとえば施術時間がかかるニードル脱毛は、脇や腕といった狭い範囲の脱毛には適していますが全身脱毛にはやや不向きです。

一方で光脱毛やレーザー脱毛は、一度で広範囲の処理ができるため足や背中といった部位でも効率良く脱毛できます。

他には光脱毛で毛量を減らしてから、処理できなかった毛をニードル脱毛で処理するといった選び方も可能です。

また部位によっては痛みが強く出ることもあるため、痛いのはイヤという方は痛みの少ない脱毛方法を選んでみるのもいいかもしれませんね。

予算で決める

脱毛サロンにかかる費用は昔に比べれば安価になりましたが、それでも定期的に通院するとなれば数万もしくは数十万もの費用がかかってしまいます。

範囲が広くなるほど価格は上がり、またコースが終了しても結果に満足できない場合は追加料金が発生するケースも少なくありません。

そのため予算をあらかじめ決めておき、オプションも含めて予算内で収まるようにすれば失敗もなくなるでしょう。

費用は「光脱毛→レーザー脱毛→ニードル脱毛」の順で高くなるため、できるだけお金をかけずに脱毛したい方は光脱毛がおすすめです。

けれども毛量が少なく細い毛ばかりといった場合では、「10分○円」といったニードル脱毛の方が安く済む場合もあります。

脱毛サロンでは無料のカウンセリングも行っているため、不安な方は費用面についてもきちんと相談してみてくださいね。

まとめ

脱毛サロンは昔に比べ身近なものになりましたが、脱毛方法などの選択肢が増えたことでサロン選びに頭を悩ます方もたくさんいるのではないでしょうか。

選び方のポイントは通院回数と脱毛したい部位、さらには予算内で収まるかどうかが鍵となります。

どんな脱毛方法にも言えることですが、メリットもあればデメリットももちろんあります。

そのため費用面だけを重視するのではなく、どんな脱毛が行われるかといった施術内容もきちんと知っておくといいですね。

コメント