サボりがちな首のシワの原因と対策をまとめて解説!

エイジングケア

首のシワは特に年齢が出やすく、ついつい首筋が見えにくい服を選んでしまいませんか?

エイジングケアを頑張っていても首のシワまではケアができず、サボりやすい部分でもあります。

首にシワができてしまう原因とその対策について順に解説していきます!

首のシワの原因は日々の積み重ね!?

首のシワの原因1. 乾燥

首の皮膚はかなり薄く、乾燥しやすい部分でもあります。

また、汗をかきやすい箇所でもあるため余計乾燥しやすいです。

汗をかき、肌の中の水分が沢山出ていってしまうと、肌が乾燥し、首のシワに繋がってしまいます。

首の乾燥には、保湿を重点的に行うのがシワ対策になります。

首のシワの原因2. 紫外線

顔周りまではUVケアができていても首まではケアできず、知らず知らずのうちに紫外線を浴びてしまっていることがあります。

なぜ、紫外線を浴びることでシワにつながってしまうのでしょうか。

紫外線=日焼けというイメージがありますが、実はそれだけではなく”光老化”を引き起こしているからと言われています。

数分でも肌は紫外線を浴びてしまうと、数時間後には皮膚のコラーゲンを切り離してしまう酵素を作り始め、長年紫外線を浴びていると皮膚のコラーゲンはどんどん小さくなり、”光老化”になってしまいます。

子供ならば、同時に新しいコラーゲンを生成しているため、簡単にはシワができにくいのですが、年を重ねるごとにその生成スピードが落ちていくため、紫外線の影響をダイレクトに受けやすくなるというわけです。

首のシワを予防するためには、紫外線を極力浴びすぎないように注意しなければなりません。

年々、日焼け止めの性能はどんどん上がっていますので、日焼け止めを首にしっかり塗っておくだけでもシワ対策になります。

もし、クリームタイプの日焼け止めに抵抗がある場合は、スプレータイプを選ぶかストールを巻くなどするのも良いですよ。

首のシワの原因3. 姿勢に問題あり

スマートフォンに夢中になっていると下を向く時間が長く、残念ながら首のシワが深くなってしまいます。

いくら首のケアを頑張っていても、日常的に姿勢の悪い状態が続いていれば、その努力が台無しなんてことも。

できるだけ胸を張って、頭から腰までがなるべくまっすぐになるように意識することが重要です。

立っている時だけでなく、特に座っている時に悪い姿勢になりやすいので注意が必要ですよ。

また、スマートフォンの画面を見る際にも、ヘソの下の丹田を意識しつつ、画面の位置をなるべく上げて使用するだけで首への負担は軽減します。

パソコンを使用する際は、パソコンの下に本を置くなどして画面の位置を少し高めにすると良い姿勢になれますよ。

首のシワの原因4. コラーゲンの減少

年齢とともに新陳代謝が低下し、肌に含まれるコラーゲンが減少していくと、肌そのもののバランスが崩れやすくなり、シワの原因になっています。

コラーゲンは、肌の下の真皮(しんぴ)という部分で肌を支えるような重要な役割を果たしているのです。

また、コラーゲンが減少すると同時に、古いコラーゲンが肌に蓄積されて硬くなり、肌トラブルの原因にもなっているというから驚きです。

加齢とともにコラーゲンの生成は鈍くなってしまうものなので、意識的に体内に入れていくことが大切です。

シワ対策

首のシワ対策1.クリームで入念にマッサージ

日常的にダメージを受けやすい首は、専用のネッククリームでマッサージするのがおすすめです。

マッサージでリンパの流れを良くし、血行も改善します。

力を入れすぎると逆効果なので、優しくゆっくりマッサージするようにしましょう。

おすすめのネッククリームは、デパートコスメならクラランスやアルビオン、プチプラコスメなら、なめらか本舗のリンクルジェルクリームやKOSEの濃潤リペアジェルが人気。

香りやテクスチャはそれぞれ異なるので、好みのものを探してみてください。

首のマッサージ方法

  • 髪の毛を束ねるかアップにして、マッサージしやすくします
  • クリームを手に取り、耳の後ろから鎖骨にかけて、上から下へと指ゆっくりマッサージします
  • 右肩→鎖骨に沿って中央→反対側の脇へと手のひらで優しくさすります。左も同様に行います 。
  • ここまでの動きをお風呂上がりにゆっくり2回繰り返します

首のシワ対策2. オイルで保湿 

クリームでマッサージをした後に、オイルで保湿をするとさらに効果的。

首のシワの原因となる乾燥を防いでくれるので、時間が経っても潤いが持続します。

オリーブオイルやホホバオイル、マカデミアナッツオイルなどの植物性オイルが配合されたものを適度に馴染ませるのがポイントです。

オイルケアをした後には、お湯で手を少し温めて首やデコルテに数分当てると、じんわりと体全体が温まって疲れが和らぎます。

血行も良くなり代謝アップにもつながるので、寝る前などにやってみてください。

首のシワ対策3. 枕を変える

自分にあった枕を選ぶことは、安眠につながるだけでなく、首のシワにも効果が期待できます。

1日の3分の1〜4分の1は寝ているわけですから、寝ている時の姿勢が首の皮膚に相当なダメージを与えてしまっている可能性があります。

高すぎる枕では首にシワが残りやすくなりますし、低すぎる枕でも眠りが浅くなることが多く、肌にはあまり良くありません。

枕に問題がありそうと思ったあなたは、自分の体にあった枕を選ぶようにしてください。

首と枕の間にスペースが開かないように選ぶのがポイントですが、実際に寝てみて選ぶのが一番です。

首のシワ対策4. コラーゲンの不足分を補う 

年齢とともに減少してしまうコラーゲンをドリンクで補うのもシワ対策の一つ。

人の皮膚の75%はコラーゲンでできていますが、25歳を過ぎると生成するスピードが落ちていくと言われているので、少しでも補っていきたいですよね。

コラーゲンドリンクは肌に届かないのでは?という否定的な意見もありますが、実は他の方法よりも早く血中に届くとも言われています。

目に見える変化は8週間〜9週間ほど続けたあたりから。

個人差が出やすいので、自分にあったコラーゲンドリンクを選びましょう。

コラーゲンドリンクは高くて続けるのが難しいという人には、コラーゲンを多く含む食材を日常的に取り入れてみるのもおすすめ。

手羽先や牛スジ、ゼラチンや杏仁豆腐などに豊富に含まれています。

一度に沢山食べるのではなく、バランスよく取り入れて継続するのがポイントです。

まとめ

首のシワの原因は日常生活に沢山隠れています。

しかしそれは、日々の姿勢やケアを少し変えるだけで、首のシワ対策になるということでもあります。

何気ない姿勢やナイトケア、紫外線ケア、コラーゲン摂取など様々な対策がありますが、まずは自分のやりやすいものから意識をして、首のシワが深くならないようにお手入れをしていきましょう。

あまりに首のシワがひどくなりすぎてしまった場合には、クリニックにも相談してみてくださいね。

コメント