季節ごとに変わる肌の悩み。知っておきたいスキンケアのポイントについて

スキンケア

肌は気温や湿度によって日々変化するため、季節ごとにスキンケアを見直す必要があります。

特に季節の変わり目は肌が敏感になりやすく、乾燥やかゆみといった肌悩みも多くなるので要注意。

今回は季節ごとに起こりやすい肌トラブルや、環境の変化にも負けないスキンケアのポイントをご紹介します。

肌悩みのない美しい肌を目指すなら、洋服を衣替えするようにスキンケアも季節に合わせて変えてみましょう。

春の肌悩みとスキンケアのポイント

春は肌が敏感になりやすい季節

春はポカポカ陽気で過ごしやすい季節ですが、紫外線が一気に増える時期なので油断は禁物。

この時期の肌は冬の乾燥でダメージを受けており、バリア機能や保湿力が低下している状態です。

そのため寒暖差や花粉などのアレルゲンによって、肌が不安定な状態になる「ゆらぎ肌」になりやすい時期でもあります。

また普段使っている化粧品が合わなくなったり、少しの刺激でも炎症やかゆみといった肌トラブルが起こりやすくなることも。

特に花粉症やアレルギー体質の方は、肌も少なからず影響を受けているためスキンケアにも気を配りましょう。

春のスキンケアポイント

肌が敏感になりがちな春は、美白やピーリングといった攻めのスキンケアよりも守りのスキンケアを心掛けましょう。

冬の乾燥ダメージによって肌サイクルが乱れているため、春に起こりやすい肌荒れを防ぐには肌バランスを整えてあげることが最も重要です。

また花粉などのアレルゲンが増える時期には、いつもと同じ化粧品なのに顔がヒリヒリするといった違和感を覚えることも珍しくありません。

そんなときは使用をすぐに中止し、刺激の少ない敏感肌用のスキンケアに切り替えるのがベストです。

春の肌は敏感肌に傾きやすいため、肌の変化を感じたら放っておかず早めに対処しましょう。

夏の肌悩みとスキンケアのポイント

夏は「隠れ乾燥」に要注意

夏は季節の中でも最も紫外線が強く、日焼けやシミといった肌悩みが増える時期です。

紫外線は肌の大敵とも言えるため、しっかり日焼け対策をしておかないとダメージが蓄積して様々な肌トラブルを引き起こします。

また汗や皮脂の分泌が盛んになることで、毛穴の開きやベタつきが目立つようにもなります。

しかし冷房の効いた室内で長時間過ごしていると、肌表面の保湿機能が低下して肌が乾燥しやすい状態に。

夏は汗やテカリでスキンケアがおろそかになりがちですが、冷房や大量の汗による「隠れ乾燥」も存在するため保湿ケアは欠かせません。

夏のスキンケアポイント

夏は日焼け止めによる紫外線対策が最も重要ですが、室内では肌が乾燥しやすいため保湿も怠ってはいけません。

夏のスキンケアアイテムは十分な保湿力がありながらも、ベタつかずサラッとした使用感のものをおすすめします。

また化粧崩れしやすい季節でもあるので、UV効果のあるパウダーでこまめに化粧直しすると紫外線予防にも効果的。

けれども海やプールといった夏のレジャーで、うっかり日焼けしてしまったという場合もありますよね。

そんなときはいかに早くケアできるかがポイントになるため、すぐさま美白系アイテムで攻めのスキンケアに切り替えましょう。

秋の肌悩みとスキンケアのポイント

紫外線ダメージにより秋の肌はお疲れ気味

肌にとって過酷なシーズンが過ぎると、秋の肌は夏の強烈な紫外線によってお疲れモードに。

紫外線はシミやソバカスを作るだけではなく、肌内部のコラーゲンを傷つけるため肌の弾力やハリを失う原因にもなりかねません。

また気温の低下により血流が悪くなり、くすみによって疲れた印象を与えてしまうことも。

秋は夏に蓄積されたダメージが一気に現れる時期なので、ダメージを残さないようスキンケアは念入りに行いましょう。

目元や口元のかさつきが気になり始める時期でもあるため、冬に備えた早めの乾燥対策も必要ですよ。

秋のスキンケアポイント

夏のダメージが蓄積された秋の肌には、普段の化粧品に肌悩みに合わせてプラスアルファのケアを追加しましょう。

たとえば肌のくすみやごわつきをなくすならピーリングケア、ハリや弾力を高めるならエイジングケアがおすすめです。

秋の肌は想像以上にダメージを受けているため、攻めと守りのスキンケアをバランス良く取り入れるのがポイント。

夏の疲れを引きずらないようにすること、それが美肌へと生まれ変わらせる鍵となるでしょう。

また気温がグッと下がる季節なので、冬に向けて保湿力の高いスキンケアにチェンジすることも忘れずに。

冬の肌悩みとスキンケアのポイント

冬の肌はうるおい不足でカラカラ

冬は気温や湿度がグッと下がるため、肌はうるおい不足でカラカラの状態になっています。

また暖房も肌の水分量を低下させる原因になっており、乾燥やハリ不足といった肌悩みが増える季節です。

そのため春夏と同じスキンケアでは保湿が追いつかず、慢性的な乾燥が続いている状態になっている恐れも。

乾燥した肌はバリア機能が低下し、老け顔の原因となったり様々な肌トラブルを引き起こします。

紫外線量は最も少ない季節ですが、スキーのようなウィンタースポーツでは夏以上に紫外線の影響を受けやすいので要注意です。

冬のスキンケアポイント

寒さが厳しい冬の肌は、とても乾燥しやすい状態なので毎日の入念な保湿ケアが欠かせません。

空気が冷たい屋外だけではなく、暖房の効いた室内でも乾燥にさらされるため家の中でも注意が必要です。

季節を問わず肌が乾燥しやすい方は、保湿力の高いオイルや美容液をプラスして肌のこわばりをゆるめてあげるといいですね。

また基礎化粧品はこってりタイプのテクスチャーを選び、ベースメイクも保湿力の高いものに切り替えるのがベスト。

肌のうるおいを逃がさないよう、乳液や保湿クリームでしっかり保湿ケアしてあげましょう。

季節に左右されない美肌作りのポイント

季節ごとにスキンケアを見直す

肌はとってもデリケートなので、ちょっとした気温や湿度の変化が肌ストレスになることもあります。

そのため肌悩みのない健康的な素肌を目指すなら、それぞれの季節に合ったスキンケアをしっかり行うことが大切です。

もし基礎化粧品を変えたくないのであれば、肌悩みに応じてプラスアルファでケアを追加するなどの工夫をすると良いでしょう。

また肌表面はテカリやすいけれど、肌内部が乾燥している「隠れ乾燥」が潜んでいるケースもよくあります。

乾燥はあらゆる肌悩みを引き起こす要因ともなるため、季節に関係なく保湿ケアだけは入念に行っておくといいですね。

肌疲れは残さずにリセットする

肌が過酷な環境にさらされる夏や冬は、肌が想像以上にダメージを受けている可能性大です。

きちんと季節に合ったケアを行わず、そのまま放っておくと肌疲れが残ったままの状態が続いてしまいます。

そうなると肌が少しの刺激でも敏感になったり、肌のバリア機能が低下することで様々な肌トラブルを引き起こします。

そのため肌疲れはできるだけ残さず、すっきりリセットしてあげることが大切です。

過酷な季節を乗り切ったお疲れ肌には、マスクや高保湿クリームでご褒美スキンケアを行いましょう。

まとめ

肌は日々変化しているため、その時々の状態に合わせてスキンケアを見直すことが美肌への近道になります。

また季節によって肌悩みも変わるため、敏感や乾燥といった肌サインを見逃さないようにすることも大切です。

お手持ちの化粧品を使い続けるのであれば、普段のスキンケアにプラスアルファのケアを取り入れることから始めてみてはいかがでしょう。

コメント