間違ったケアは肌老化の原因に!日焼け後の正しいアフターケア方法

エイジングケア

日頃から紫外線には気をつけているものの、うっかり日焼けをしてしまった経験は誰にでもありますよね。

ほてりや赤くなった肌は、炎症を起こしている状態なので早めのアフターケアが肝心。

正しいケアをきちんと行えば、シミやしわといった肌トラブルを最小限に抑えることも可能です。

けれども肌を守ることにばかり気を取られ、日焼け後のケアをおろそかにしていませんか?

紫外線に負けない強い肌を作るには、肌を守るだけではなくアフターケア方法も正しく理解しておきましょう。

日焼け後の正しいアフターケア方法

ほてりを冷やして沈静する

日焼け直後のアフターケアは、熱を鎮めるためのアイシングが基本です。

肌のほてりや赤みといった症状が見られる場合は、肌が軽いやけどをしている状態なので冷たいタオルや保冷剤でクールダウンさせることが大切です。

アフターケアは早く行うほど回復が早く、タイムリミットは日焼け後から72時間と言われています。

またサッと冷やして終わりにするのではなく、熱が引くまでしっかりと冷やすことがポイント。

日焼けで肌が真っ赤になっていたり、ヒリヒリ痛みが伴う場合は無理にスキンケアを行う必要はありません。

肌がデリケートな状態になっているため、刺激を与えずに炎症をおさえることを第一に考えましょう。

炎症がおさまったら保湿ケア

日焼けした肌はバリア機能が低下し、うるおい不足で肌内部がとても乾燥しています。

そのため肌の炎症がおさまってきたら、化粧品で肌を保湿して正常な状態に整えてあげましょう。

夏場だとさっぱり系のスキンケアを選びがちですが、肌ダメージを改善するには季節に関係なく保湿力の高い化粧品を選ぶのがおすすめ。

赤みが引いても肌は敏感に傾いているため、肌に負担をかけないよう化粧品の使い方にも注意してください。

保湿クリームはたっぷり肌にのせ、摩擦が起きないよう優しくなじませるのがいいですね。

美白ケアで透明感アップ

保湿力の高い化粧品で肌を整えたら、最後に日焼けしてしまった肌を美白系アイテムで徹底的にケアしましょう。

通常のスキンケアから美白ケアに切り替えることで、シミ、くすみ、ソバカスを防ぎ透明感のある美肌へと導いてくれます。

肌の状態が落ち着いてきたら、肌のターンオーバーを促進してくれるピーリングなどの攻めのケアも取り入れていくとより効果的。

さらにシミをピンポイントで狙うなら、頬、額、鼻といった顔の高い部分を集中的にケアするといいですよ。

内側から美肌へ導く

化粧品でのアフターケアはもちろん大切ですが、食材やサプリメントで内側からアプローチすればより美白効果が期待できます。

たとえばトマトに含まれるリコピンには、抗酸化作用とメラニンの生成をおさえてくれる働きがあり紫外線予防にもとっても効果的です。

他にもアフターケアに良いと言われているのが、美肌には欠かせない栄養素であるビタミンC

肌のコンディションを整えてくれる働きもあるため、季節に関係なく積極的に摂取するのが望ましいです。

本気で美肌を目指すなら、外側だけではなく内側からもケアしてあげましょう。

間違ったアフターケアは肌を悪化させる

攻めのスキンケアは炎症がおさまってから

日焼け後は美白やピーリングといった攻めのケアがおすすめですが、タイミングによっては炎症を悪化させる恐れがあるので要注意。

守りから攻めのケアへと切り替えるタイミングは、肌の赤みやヒリつきといった症状が完全になくなってから行うのがベストです。

日焼けによる炎症が残った状態の肌は、少しの刺激でも過敏に反応してしまうため肌トラブルが起こりやすくなります。

そのためアイシングと十分な保湿で肌を整え、コンディションが安定した翌日から攻めのケアを行うようにしましょう。

スキンケアは力を入れずに優しく行う

化粧品でアフターケアする際は、とにかく力を入れずに優しく行うことを意識してください。

たとえば化粧水のパッティングは、コットンによって摩擦が起こりやすいため肌を優しく押さえつけるようにケアするのが良いでしょう。

保湿クリームも量が少ないと摩擦が起こるため、普段よりも多めの量でうるおいをたっぷり与えてあげるといいですね。 知らず知らずのうちに肌に刺激を与えていることもあるので、紫外線で傷ついた肌はいつも以上に優しくケアしてあげてくださいね。

「きゅうりパック」は肌荒れの恐れも

日焼けした肌には、きゅうりやレモンパックが良いという噂を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

確かにきゅうりパックには冷却作用はありますが、生の野菜を使ったアフターケアは食物アレルギーを引き起こす恐れもあります。

また柑橘系の果物の中には、美白どころか色素沈着を促す作用を持つものもあるので要注意。

肌に直接触れさせることで、かえって肌トラブルを悪化させるケースも少なくありません。

そのためパックに使用するのではなく、ビタミンを多く含んだ野菜や果物は食べて摂取するようにしましょう。

アフターケアをせず放置した場合の影響

シミやそばかすができる

肌は紫外線を浴び続けると、メラノサイトという細胞が肌を守るためにメラニンを作りだします。

メラニンには紫外線から肌細胞を守るといった重要な役割がありますが、過剰に作られてしまうとシミやそばかすの原因になります。

肌が生まれ変わるターンオーバーが正常であれば、通常メラニンは角質と一緒に自然と剥がれ落ちるので問題はありません。

けれども肌サイクルが乱れている場合、排出されなかったメラニンが肌の奥にどんどん蓄積されてしまいます。

そうするとアフターケアをしない肌は色素沈着を起こし、やがてシミやそばかすとなって肌表面に表れてしまうのです 。

肌のハリや弾力が失われる

紫外線は肌内部のコラーゲンを破壊してしまうため、アフターケアを行わないと肌のハリが失われてシワやたるみの進行を助長させてしまいます。

他にも日焼けによって肌の弾力が低下することで、老けた印象を与えてしまう「ほうれい線」や「たるみ毛穴」が目立つようになることも。

シワ、たるみ、毛穴といった肌トラブルは、一度できてしまうとそう簡単に改善するものではありません。

症状が進行してしまうと実年齢より老けてみえたり、改善するまでに長い時間を要する場合もあります。

日焼けは老け顔の原因にもなるため、アフターケアと同時にエイジングケアもできる化粧品を選ぶといいですね。

カサカサ肌を進行させる

強い紫外線を浴び続けた肌は、バリア機能が著しく低下しているため肌が無防備な状態に。

よって少しの刺激でも炎症が起きたり、水分が蒸発しやすくなるため乾燥も進んでしまいます。

特に夏場は保湿ケアを怠りがちなので、日焼け後に乾燥が悪化するケースも少なくありません。

アフターケアの保湿には、肌を整える他に乾燥の進行をストップさせる役割もあります。 乾燥は様々な肌トラブルを引き起こすため、肌を健やかな状態に戻すには保湿が欠かせません。

まとめ

日焼け後のアフターケアで大事なことは、冷却、保湿、美白の3つ。

赤みがあるなら肌を冷やして鎮静させ、その後は十分な保湿と美白系アイテムで徹底的にケアしてあげるのがベストです。

ほてりといった症状がなくても、肌内部は紫外線の影響で傷ついている恐れもあります。

そのため紫外線量に関係なく、保湿や美白といったアフターケアを習慣化するといいですね。

紫外線は肌に大きなダメージを与えるため、将来後悔しないためにも日焼け後のケアは必ず行いましょう。

コメント