30代の髪の毛にハリとツヤを与えるヘアケア

エイジングケア

30代から急に気になりだす人も多い、髪の毛の悩み

スタイリングが難しくなったり、抜け毛や切れ毛が気になったりしていませんか?

少しでも思い当たる人は、髪の毛の元気が無くなっているサインかもしれません。

髪の毛に悪いNG習慣を知り、忙しい人でもできる簡単髪の毛ケアを実践することで、ハリとツヤのある元気な髪の毛を手に入れましょう!

30代から気になり始めるヘアトラブルは何?

30代になると気になり始めるヘアトラブルについてご紹介していきます。

ハリやコシがなくなる

30代から気になり始めるトラブルの一つに、ハリやコシの低下があります。

髪の毛のスタイリングがうまくいかなかったり、根元が立ち上がらないと感じたりしたら、それは髪の毛のハリやコシが低下している証拠です。

ハリやコシが低下する一番の原因は頭皮に十分な栄養を届けられていないことにあるので、保湿成分の多いシャンプーを使い、日々の食事の栄養バランスを見直すことで少しずつ改善していきましょう。

髪の毛のツヤがなくなる

髪の毛の乾燥が続くとツヤが失われ、実年齢よりも上に見られてしまうことも。

髪の毛にツヤがない状態は光を反射しないので、どうしてもパサついた印象を与えてしまいかねません。

度重なるカラーリング紫外線のダメージ、頭皮に必要な栄養が届いていないことが原因とされています。

健康的な印象を与えるためにも髪の毛のツヤは不可欠なので、日常的にケアしていくことが大切です。

白髪が増える

髪の毛のセットをしている時にチラッと光る白髪に気づいたりしませんか?

30代から一気に白髪が増えたように感じる人は少なくありません。

白髪の根本的な原因はまだ明らかになっていませんが、加齢ストレス生活習慣によって頭皮や毛根の機能が弱まってしまうことが関係しています。

白髪は抜くと増えるとよく言われますが、実はそんなことはありません。

白髪が気になり始める時には一気に白髪が増えてしまっていることが多く、白髪が生えていたところからは高確率でまた白髪が生えてくるからです。

髪の毛の密度が減る

髪のトラブルで多いのが、髪の密度が減ってスカスカに感じることです。

ドライヤーをしている時やポニーテールにした時などに、髪のボリュームが減ったことに気づき落ち込んでしまうことも。

髪の毛の密度は、ホルモンバランスの乱れストレス頭皮の栄養不足など様々な原因で変化するとされています。

ゆっくり時間をかけて髪の密度が減っていくことがほとんどですが、急激に症状が出た場合には病院に相談してくださいね。

髪の毛の良くないNG習慣

1日中座りっぱなしで運動不足

一見関係がなさそうに思いますが、運動不足は髪の毛に良くありません。

普段電車や車移動が多く、デクスワークが多い人は特に要注意。

運動量が減っていると筋肉が硬くなり、体全体の代謝の低下や血行不良につながるため、頭皮に十分な栄養を届けられなくなってしまいます

頭皮は心臓から少し遠い位置にあるため、特に血行不良の影響を受けやすい部分でもあるのです。

数時間おきに歩いたり、伸びをするなどのストレッチをしたりするだけで良いので実践してみてください。

カフェインの取り過ぎ

カフェインはストレスを緩和させ、血行を良くするというメリットがある反面、カフェインの過剰摂取は髪の毛に負担をかけてしまいます。

カフェインの含有量が多いとされるコーヒーは、南米やアフリカなどの暑い地域を原産としており、体温を冷やす効果もあります。

コーヒー好きの方でも1日に3杯〜4杯ほどで抑えておきましょう。

忙しくてもできる簡単ヘアケア

エイジングケアシャンプーでハリツヤを取り戻す

髪トラブルが気になりだす30代は、エイジングケアシャンプーを始めるのにちょうど良い時期です。

エイジングケアシャンプーは、髪に必要な栄養素や水分を効率よく届けられるように成分が工夫されているものが多く、髪の毛のダメージを防止してくれます。

アミノ酸系のエイジングケアシャンプーは、優しく髪の毛を洗うことができるので、すでに髪の毛のダメージを感じてしまっていても使いやすいタイプ。

髪の毛や頭皮のためには、天然由来のホホバオイルナッツオイルが配合されているものを選ぶのもポイントです。

これらの美容オイルは、皮脂に近い成分構造のため皮脂バランスを整えてくれ、毛穴に詰まった汚れの洗浄にも効果があります。

髪の毛を洗う時は、これからご紹介する4つのポイントが大切です。

シャンプー前によくお湯で汚れを落とす

シャンプーでも汚れを落とすことはできますが、最初にお湯で髪を流している時に大半の汚れは除去できています。

髪の毛の負担を少なくするためにも、しっかりお湯で汚れを落としましょう。

お風呂前にブラッシングしておくと、汚れが落ちやすくなります。

シャンプーはよく泡をたてて優しく洗う

シャンプー時にゴシゴシ洗うのは厳禁です。

爪を立てたりせず、指の柔らかい部分を使って頭皮をマッサージするように洗いましょう。

爪が伸びている場合には、髪の毛を洗う用のシリコン製ブラシを使うと優しく洗うことができます。

コンディショナーもしっかり流す

コンディショナーは髪の水分量を上げ、ツヤを与えるものですが、しっかりと流さずにお風呂を出てしまう人が意外に多いです。

コンディショナーをしっかり流せていないと、髪の毛の嫌な匂いの原因や頭皮の痒みにつながります。

それだけでなく、背中ニキビの原因にもなるので要注意です。

お風呂上がりはなるべく早くドライヤーで乾かす

お風呂上がりにタオルを巻いてゆっくりスキンケア、アイスを食べて、ようやくドライヤーのようにすぐに乾かさずにいることが多くありませんか?

濡れた髪の毛をタオルで巻いている状態は非常に蒸れやすく、せっかく洗った髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

スキンケアをしたら、なるべく早くドライヤーをかけることがおすすめです。

栄養バランスを見直す

髪の毛のほとんどはタンパク質によってできているので、髪のハリやツヤを取り戻したいのなら、積極的にタンパク質を摂取しましょう。

1日に必要とされるタンパク質の量は、男性で約60g、女性で約50g。

タンパク質は、肉類・魚類・卵などの動物性食品の他に、豆類や穀類などの植物性食品に多く含まれています。

ただし、タンパク質を摂取しようとするあまり、1日のカロリーを大幅に超えてしまうことも少なくありません。

カロリーに注意しつつ効率よくタンパク質を摂取するには、赤身肉やチーズ、納豆や豆腐などの、脂質の少なめの食材をバランスよく食べることが効果的です。

また、良質なタンパク質を摂取するなら、プロテインを飲むこともおすすめ。

プロテインは体を鍛える男性用の飲み物というイメージが強いですが、実は女性の体や髪を健康に保つためにも頼れるアイテムです。

市販のプロテインは、タンパク質を豊富に含んだ原料から余分な脂質を取り除き、必要なビタミンやミネラルを加えているため、栄養のコントロールがとてもしやすいという利点もあります。

毎日続けることが重要なので、好みの味や継続しやすい価格帯のものを選んでくださいね。

髪の毛の紫外線対策をしっかりする

肌の紫外線対策は万全なのに髪の毛は無防備という人は多く、知らず知らずのうちに髪悩みを引き起こしていることも少なくありません。

5月から9月には紫外線量が一気に増えるので、雨の日以外は対策が必要です。

紫外線が髪の毛に当たると、髪の毛を構成しているアミノ酸が酸化して別の物質に変化してしまい、乾燥やハリの低下、抜け毛などにつながります。

簡単にできる紫外線対策としては、日傘や帽子で紫外線を直接浴びないようにしたり、髪の毛用の紫外線スプレーをかけたりすることが効果的。

帽子の場合は、汗をかいて蒸れてしまうと髪の毛に良くないので、1日中かぶりっぱなしは避けるようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

30代から徐々に気になり始める髪の毛トラブルの原因は、日常の何気ない行動に隠れています。

高い美容アイテムももちろん良いですが、それだけでなく生活習慣の中で髪の毛に負担をかけていることがあれば積極的に見直して、ハリやツヤのある健康的な髪の毛を手に入れましょう!

コメント