乾燥対策にも効果的!肌を傷めない正しい洗顔の仕方

スキンケア

年齢を重ねるとともに、肌の乾燥が気になりはじめ、保湿効果の高い化粧品を使っているのに、時間が経つと頬や目元がカサカサするといった経験はありませんか?

そんな時化粧品を変えても乾燥が改善しない方は、もしかしたら洗顔の仕方が間違っているかもしれません。

間違った洗顔習慣を長年続けていると、乾燥をはじめ肌トラブルを起こす原因にもなりかねません。 そのため正しい洗顔方法をきちんと身につけ、乾燥知らずの健康的な素肌を目指しましょう。

乾燥を悪化させる間違った洗顔習慣を見直そう

洗顔の役割とは?

洗顔には皮膚に付着した汚れや汗、または古い角質や余分な皮脂を落とし肌の清潔を保つ役割があります。

また化粧水や乳液などの浸透を高める作用もあるため、肌の美しさを保つ上で洗顔は欠かせません。

しかし自己流の間違った洗顔を行っていると、知らず知らずのうちに肌を痛めたり乾燥を悪化させているケースも実に多いです。

そのため肌トラブルのない健やかな肌を目指すなら、洗顔方法を一から見直してみてはいかがでしょう。

ゴシゴシ洗いは肌トラブルの原因に

仕事や家事にと忙しい毎日の中で、短時間でパパッと洗顔を済ませてしまう方も多いのではないでしょうか。

手短に済まそうとするとついつい力加減が強くなったり、すすぎ残しにより肌の炎症や毛穴詰まりといったトラブルが起こりやすくなります。

肌はとってもデリケートなので、手でゴシゴシ顔を洗うと摩擦による炎症や刺激を受けやすくなります。 肌の赤みやピリピリ感がある方は、力加減が強すぎる可能性があるため力を抜くことを意識しましょう。

乾燥しやすい頬の洗いすぎには要注意

頬は顔の中でも特に乾燥しやすい部位でもあります。 けれども頬は範囲が広く洗いやすいため、気付けば頬ばかり集中して洗顔していませんか?

皮脂の分泌量が多く汚れやすい部分は、おでこから鼻にかけたTゾーンです。

ですから頬の乾燥が特にひどいといった場合は、無意識のうちに頬ばかりを洗っている可能性もあるため要注意です。

熱湯での洗顔は乾燥肌を助長する

正しい洗顔は洗い方だけではなく、お湯の温度も重要なポイントになります。 たとえば入浴時は、洗髪や体を洗う流れで洗顔の湯温も高く設定していませんか?

熱いお湯は必要な皮脂まで落としてしまうため、うるおい不足になり乾燥を悪化させる大きな要因にもなりかねません。

また冷水には毛穴の引き締め効果はありますが、毛穴が引き締まることで化粧品の浸透力を弱まったり、皮脂の汚れが落ちにくくなるのでやり過ぎには注意しましょう。

お風呂では洗顔のタイミングが重要

お風呂で洗顔する際は、タイミングを間違ってしまうと正しく洗顔したつもりでも肌トラブルを引き起こす可能性があります。

正しい順番は「洗髪→体を洗う→洗顔」の流れで、洗顔を最後に行うのが良いでしょう。

なぜならば洗顔をはじめに行ってしまうと、洗髪のときにシャンプーなどが顔にかかり肌荒れの引き金になるケースも珍しくありません。

また最後に洗顔をすることで、水分の蒸発を防げるため肌の乾燥予防にも効果的ですよ。

肌トラブルを防ぐ正しい洗顔の仕方

キメ細かい濃密泡を作る

正しい洗顔方法を知る前に、まずは洗顔料をしっかり泡立てることからはじめましょう。 泡は肌への負担を軽減するクッション材のような役割もあります。

泡がクッションになることで、肌にダメージを与える摩擦を抑えることができます。

そのため手のひらを逆さにしても落ちないキメが細かく弾力のある泡が理想的です。

泡の作り方は洗顔料に少量の水を加え、空気を含ませるようにして泡立てると上手く作れます。 もし泡立たせるのが難しいのであれば、泡立てネットを使うと簡単に濃密泡が作れますよ。

洗顔の基本は手ではなく泡で洗う

洗顔の基本の洗い方は、指で洗うのではなく「泡」で洗うことです。 洗い方は泡で顔全体を包み込み、泡を転がすように力を入れずに優しく洗っていきましょう。

のとき指の腹を使うようにし、泡の上から円を描くように行い、洗顔時は肌に指が触れない状態がベストで、触れてしまう場合は泡立ちが足りていない可能性もあります。

泡を上手に使えば肌への摩擦も少なく、うるおいのある健やかな肌へと導いてくれます。

洗顔の際にはTゾーンを中心に洗う

肌のテカリや毛穴詰まりが気になる方は、皮脂量の多いTゾーンを中心に洗いましょう。

乾燥しやすい頬は泡で包みこむようにし、優しく洗うだけでも十分汚れは落ちます。

顔の部位によって皮脂量も変わるため、顔全体を均等に洗うのではなく気になる部分を中心に洗うようにするといいですね。

ただし皮脂の取り過ぎによる隠れ乾燥肌も存在するため、皮脂量が多いからといって洗い過ぎてしまわないよう注意してください。

洗顔の湯温はぬるま湯がベスト

洗顔のベストな湯温は、触れたときに心地良いと感じる「ぬるま湯」が基本です。 すすぎ残しは毛穴詰まりやニキビの原因ともなるため、すすぎ残しがないよう時間をかけてしっかりと洗いましょう。

特に髪の生え際、顎まわり、小鼻の横は、見落としがちなので入念にすすぐといいですね。 また洗顔後は肌がとても乾燥しやすい状態なので、すぐに保湿ケアをしてあげることも大切です。

肌の状態に合わせて洗顔方法を変える

メイクをしているときの洗顔方法

メイクをした日の洗顔方法は、クレンジング+洗顔のW洗顔が一般的です。

しかし肌は洗えば洗うほど乾燥するため、肌への負担を減らすならW洗顔不要のクレンジングを選ぶと良いでしょう。

メイクは優しくなじませるだけでも簡単に落ちるため、ゴシゴシ力を入れて洗わないように気をつけましょう。

メイク残しはくすみ顔や毛穴詰まりの原因になるので、翌日に残さないようきちんとオフすることがとっても大事です。

乾燥がひどいときのお手入れテク

肌の乾燥がとくにひどいときは、洗顔をしてしまうと乾燥をさらに悪化させてしまうこともあります。

そんなときは無理に洗顔を行わず、拭き取り化粧水でサッと拭き取るだけでも大丈夫。 拭き取り化粧水には、落としきれない汚れや古い角質を除去してくれるといった効果があります。

また洗顔代わりになる拭き取り化粧水には、角質を取り除くことで化粧品の浸透力が高まるといった良さもあります。

洗顔料よりも手軽に使えて、さらに時短にも一役買ってくれるため忙しい朝にぴったりですね。

毛穴や角質が気になるときの洗顔方法

厚くなった角質や毛穴に詰まった汚れは、普通の洗顔だけではなかなか落ちないこともあります。 そんな肌の悩みを解消するには、濡らしたタオルを電子レンジで温めたホットタオルが効果的。

顔にのせて全体を温めることで、毛穴が開いて汚れが落ちやすい状態になります。 毛穴の奥の汚れまで落とせるようになるため、いつもの洗顔でも汚れの落ち具合が全く違います。

他にもホットタオルは血行を促進させる効果もあるので、肌のくすみが気になる方にもおすすめです。

まとめ

肌を清潔に保つには洗顔は欠かせないものですが、やり方を間違えてしまうと乾燥や肌荒れをかえって悪化させてしまう恐れもあります。

洗顔をする上で大切なことは、泡立ち、力加減、湯温の3つ。 洗顔料はしっかり泡立たせ、力を入れず優しく丁寧に洗っていくのがベストです。

そして湯温はぬるま湯で人肌ぐらいにし、洗い残しがないよう額の生え際や小鼻の横もきちんとすすぎましょう。

コメント