誰にでもできる!フェイスパックの効果を高める使用頻度や方法について

スキンケア

美肌効果を期待してフェイスパックを使っている方も多いですよね。 しかし、間違った頻度や方法は、逆効果になってしまうのは知っていますか?

今回の記事では、フェイスパックの効果を高めるための頻度や方法をご紹介します!

フェイスパックとは?

フェイスパックは、化粧水や美容液がシートに含まれているものです。

美肌に効果的な成分が含まれているので、シートを顔に貼っておくだけで美肌効果が期待できます。

貼るだけで簡単にスキンケアができるフェイスパックは、忙しい女子の強い味方! しかし、使用方法を間違えてしまうと肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

正しい使用方法を知って、美肌を手に入れましょう!

効果的なフェイスパックの使用頻度

フェイスパックは、貼れば貼るだけ効果が期待できるわけではありません。

使う頻度を間違えてしまうと、乾燥や肌荒れの原因になってしまう可能性があります。

パックによって効果的な頻度は違う

フェイスパックの商品説明欄には、正しい使用頻度が記載されています。 使う前に、必ずチェックするようにしましょう。

表記されている頻度を守ることで、適度な栄養を肌に与えることができます。

デイリーケアは、毎日使ってOK

最近では、毎日使えるデイリーケア用も売られています。 化粧水の代わりに使えるものや、毎日使っても問題ないように成分が調整されているものなどがあります。

その日の肌の状態に合わせて、パックを使い分けるのもおすすめ!

肌トラブルが悪化する前に、すぐにケアができるのも嬉しいですね。

また、デイリーケア用は、コストパフォーマンスが高いものが多いのも特徴!

毎日使うものなので、枚数が多いものを選ぶのがおすすめです。

スペシャルケアは、表記されている頻度を守る

スペシャルケア用は、週に1、2回~月に1回程度の頻度になっているものが多いです。

栄養をたっぷりと含んだ美容液がシートに含まれているため、使いすぎは肌に栄養を与えすぎることになります。 使いすぎが原因でニキビや乾燥といった肌トラブルを起こしてしまうのは、本末転倒ですよね。

スペシャルケア用は、使用頻度を守ることが、最も効果を高くする方法のひとつといえます。 商品説明欄を確認して、必ず表記されている頻度を守りましょう。

効果的なフェイスパックの使用方法

フェイスパックの使用頻度が分かったら、次はさらに効果を高めるための使用方法を見てみましょう。 正しい使用方法と、効果を高めるためのコツを教えます。

効果的な使用方法①:使用時間を必ず守る

使用時間は、5分~15分程度のものが多いです。 商品説明欄に表記されている時間を守るようにしましょう。

長時間パックを貼ったままにしておくと、シートが乾燥してしまい、肌の水分がシートに奪われてしまう可能性があります。

肌の水分が奪われてしまうと、保湿するはずが逆に乾燥してしまった、といったことになりますので、使用時間を超えてパックを貼っておくことは効果的な方法とは言えません。

必ず使用時間は守りましょう。

効果的な使用方法②:洗顔後に使用する

洗顔後の、肌が清潔な状態で使用するようにしましょう。 フェイスパックは、美容液を肌の角質まで浸透させることで、美肌効果を得ることができます。

肌が汚れた状態でパックをしても、せっかくの美容液が角質まで浸透できません。 毛穴や皮脂汚れをしっかりと落とした状態で使うのが効果的ですよ。

また、お風呂あがりに使う場合は、シャンプーやトリートメントが残っていないかも、しっかりチェックするようにしましょう。

効果的な使用方法③:お風呂あがりに使用する

お風呂あがりは、毛穴が開いた状態です。 パックに含まれる美容液が毛穴の奥まで浸透しやすくなります。

また、お風呂あがりは、すぐにパックをするのがおすすめ! 顔を拭いた後は、すぐにお肌が乾燥していきます。

お肌が乾燥する前にパックをして、潤いを逃さないようにしましょう。

効果的な使用方法④:パックを温める

使用前にパックを温めるのも、効果を高くする方法のひとつです。 温めて使うと顔の毛穴が開くので、美容液が浸透しやすくなります。

温度は、人肌よりも少し温かいぐらいがおすすめ! 熱すぎると肌に刺激を与えてしまい、逆効果になるので注意しましょう。

温めたパックを使った後は、冷たいタオルで毛穴を引き締めることで、さらに効果を高めてくれます。

なお、ビタミンCは加熱されることで破壊されてしまうので、ビタミンCが含まれているパックは温めないようにしてくださいね。

効果的な使用方法⑤:ラップを使用する

フェイスパックの上からラップをかぶせる方法も、効果を上げるのにおすすめ! パック中は、空気に触れることでパックに含まれる水分が蒸発していきます。

そのため、ラップをかぶせることで、乾燥を防いでくれる効果があるのです。

パックに含まれる水分が蒸発することなく肌に浸透していくため、肌への浸透力も高くなり、美肌効果が高くなるといわれています。

ラップがない場合は、アルミホイルでも代用できます。 また、シリコンパックを使うのもおすすめ。

顔の形になっているので簡単にかぶせることができ、洗って何度も使えるので便利です。

効果的な使用方法⑥:肌荒れが気になるときは使用しない

肌荒れは、肌表面のバリア機能が低下していることが原因になっています。 そのため、摩擦や刺激を与えることは控えた方が良いです。

パックによる保湿効果で肌荒れの改善も見込めるかもしれませんが、逆に刺激になることも。 肌荒れ中は、バリア機能を正常に戻すことを優先する方がおすすめです。

効果的な使用方法⑦:パック後は保湿する

パックをはがした後は、必ず保湿をしてください。 何もしないままでいると、せっかく浸透した水分が蒸発してしまいます。

そのため、浸透した水分が逃げないように、クリームやオイルなどで蓋をしてあげることが重要です。

効果的な方法おまけ:使い終わったパックは全身に使う

パックに残った美容液をそのまま捨ててしまうのはもったいない! 首や手、デコルテなど、全身の保湿にも使いましょう。

美容液成分がたっぷりと含まれているので、全身のスペシャルケアにも効果的ですよ。

効果別!おすすめフェイスパック

フェイスパックはメーカーも種類もたくさんあって、迷いますよね。 効果別におすすめのフェイスパックをご紹介します。

毛穴におすすめ:毛穴撫子 お米のマスク

口コミでも大人気で、入手困難になったほどのお米マスク。 100%国産米由来成分が配合の、米の力だけでできたパックです。

お米の力による毛穴の引き締め効果と、バツグンの保湿力、そして、なんといってもコスパの良さが人気の秘訣です。

エイジングケアにおすすめ:ルルルン ルルルンプレシャスRED

ルルルンシリーズは、累計で2億枚売れているシートマスクです。 ルルルンプレシャスREDは、エイジングケアに特化していて、キメやハリに効果がある成分が含まれています。

また、エイジングケア用のため、パックの形は、肌のたるみもしっかりとカバーできるように計算されて作られています。

美白におすすめ:HAKU メラノシールド マスク

美白用のパックと言えば「HAKUのメラノシールドマスク」というぐらい有名なパックですよね。 メラニンの抑制と排出に着目して作られていて、メラニンの生成を抑えてくれる成分が含まれています。

シミやソバカスが気になる方におすすめのパックです。

まとめ

フェイスパックを効果的に使うために、頻度や方法についてまとめました。

どんなに良い成分が含まれたパックでも、使用頻度や方法を間違ってしまうと逆効果になってしまいます。 正しい方法で、美肌を手に入れましょう!

コメント