【肌悩み】毛穴の黒ずみ・つまりの原因は?角栓やメラニン毛穴を解消して毛穴レスな美肌を手に入れよう!

エイジングケア

女性の肌悩みの中でも特に多いのが「毛穴」。

毛穴の詰まりや黒ずみなどによって、ポツポツと目立ってしまうことに悩んでいる女性は多いですよね。

そこで今回は、気になる毛穴汚れの原因と対策について徹底解説していきます。

毛穴の黒ずみや汚れ・詰まりの原因は?

毛穴の汚れや詰まり・黒ずみの原因は、大きく分けると3つあります。

  • 角栓
  • 毛穴周辺の色素沈着
  • 産毛

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

角栓

毛穴の詰まりや黒ずみの代表的な原因は角栓です。角栓が毛穴に詰まることで、毛穴を目立たせてしまうのです。

角栓とは

角栓は、古い角質メイク汚れ皮脂などが混ざりあってできたものです。角栓の主成分を皮脂の油分だと思っている方も多いですが、実は角栓のおよそ70%が、タンパク質である古い角質からできています。

角栓ができる原因

角栓の元となる古い角質・メイク汚れ・皮脂が余分に発生することで、角栓ができやすくなってしまいます。

古い角質・メイク汚れ・皮脂の発生は、以下のようなことが原因で起こります。

  • 加齢や乾燥による肌のターンオーバーの乱れで古い角質が肌表面に残りがちになっている
  • 洗顔やクレンジングが不十分で、メイク汚れや余分な油分がきちんと落とせていない
  • 夏場や肌質によって皮脂分泌が過剰になっている
  • 肌の乾燥によるバリア機能の低下で、肌を守るために皮脂が過剰分泌されている

上記のようなことが原因で角栓の材料となる古い角質やメイク汚れ・皮脂が生まれ、角栓ができてしまうのです。

角栓によって毛穴が黒ずむ理由

もともと角栓は白い色をしています。

毛穴が角栓によって詰まっているだけであれば、ポツポツと白い点々が目立つような状態になっているでしょう。

しかし、角栓が毛穴に詰まったまま放置していると、毛穴が黒ずんできてしまいます。

毛穴に詰まった角栓の先(肌表面に見えている部分)が空気に触れて酸化することで、変色して黒くなってしまうのです。

これが角栓による毛穴の黒ずみの原因です。

毛穴周辺の色素沈着

毛穴の黒ずみの原因は、毛穴周辺の色素沈着であることもあります。

色素沈着とは

色素沈着とは、簡単に言うとシミのようなものです。

毛穴にシミができることで、毛穴が汚れて見えたり、黒ずんで見える原因になってしまうのです。

このような毛穴のことを、「メラニン毛穴」と呼ぶこともあります。

原因

メラニン毛穴の原因は、シミの原因でもあるメラニン色素です。

毛穴付近のメラニン色素によって、毛穴が茶色っぽく見えてしまいます。

メラニン色素は、紫外線を浴びたときや肌に摩擦が加わったときなど、肌がダメージを受けたときに分泌されます。

メラニンを発生させることで、肌を守ろうとしているのです。

また、発生したメラニンの排出が滞ることも、メラニン毛穴の原因となります。

加齢などによって肌のターンオーバーにかかる期間が長くなると、メラニン色素を含んだ細胞がなかなか排出されません。

そのため、メラニンが肌表面に残ってしまい、色素沈着の色を濃くしてしまうのです。

産毛

意外かもしれませんが、顔の産毛も毛穴の黒ずみや汚れの原因となることがあります。

特に産毛の色が濃い方などは、産毛によって毛穴が黒く見えてしまうことが多いようです。

毛穴汚れの対策・解消法

毛穴の黒ずみや汚れ、詰まりに効果的な対策や解消法をご紹介します。

  1. クレンジングを見直す
  2. 洗顔方法を見直す
  3. 保湿をしっかりする
  4. ホットタオルを利用する
  5. 紫外線対策を万全にする
  6. ピーリングやスクラブを利用する
  7. 美白化粧品を使う
  8. 生活習慣を改善する
  9. 産毛のケアをする

それでは、それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

クレンジングを見直す

角栓による毛穴の詰まりや汚れを改善するには、まずクレンジングの選び方やクレンジング方法を見直してみましょう。

クレンジングの選び方

洗浄力が強すぎるクレンジングを使用すると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことで肌の乾燥を招くことがあります。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れの原因となり、毛穴汚れを引き起こしてしまうので、クレンジングは洗浄力が強すぎず、しかしメイク汚れはしっかり落とせるものを選ぶようにしましょう。

具体的には、

  • ミルクタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

のクレンジングがおすすめです。

また、洗浄力が強すぎないクレンジングでもしっかりとメイクが落とせるように、普段からベースメイクを薄めにするなどの工夫をするといいでしょう。

ポイントメイクはポイントメイクリムーバーを使って落とすことで、肌への負担を軽減できます。

クレンジング方法

クレンジング方法のポイントは以下の通りです。

  • 湿気の少ない環境で行う
  • 素早く行う
  • 体温より低い温度のぬるま湯を使う

クレンジングは、水気の少ない環境で行うのがおすすめです。

湿気が多い場所でのクレンジングは、メイク汚れをしっかり落としきれないことがあるんだとか。

また、クレンジング剤を肌にのせている時間がなるべく短くなるように、クレンジングは素早く行いましょう。

クレンジングの際に念入りにマッサージをするなどして時間をかけている方もいますが、クレンジングの時間が伸びればそれだけ肌が乾燥しやすくなってしまいます。

クレンジングを洗い流す時には、冷水や熱いお湯ではなく、体温より少し低い温度のぬるま湯を使うのもポイントです。

冷水ではしっかりメイク汚れを落とすことができず、熱いお湯は肌の乾燥の原因となってしまうので注意しましょう。

洗顔を見直す

洗顔方法

角栓による毛穴の詰まりには、洗顔方法を見直すのも効果的です。洗顔方法のポイントは、

  • 素早く行う
  • 体温より低い温度のぬるま湯を使う
  • たっぷりの泡で行う
  • 皮脂の多い部分から洗う

の4つです。

クレンジングと同じように素早く・ぬるま湯で行うことで、肌への負担を軽減して角栓の原因となる肌の乾燥を防ぎます。

さらに、洗顔料をしっかりと泡だててたっぷりの泡で洗うことで、肌への摩擦を防いでダメージを軽減しましょう。

また、皮脂分泌の多い部分から洗っていくことで、肌の乾燥を最小限に抑えることもできます。

Tゾーンから洗い始めて次に頬、最後に目や口の周辺を洗うようにするといいでしょう。

酵素洗顔がおすすめ

毛穴の汚れに効果的なのが、酵素洗顔です。

酵素洗顔の魅力は、酵素によってタンパク質を分解する効果が期待できること。

角栓の原因となる古い角質はタンパク質からできているので、酵素洗顔を取り入れることで角栓を解消することに繋がるのです。

また、酵素洗顔で古い角質を分解することは、肌のターンオーバー促進にも効果的です。

肌のターンオーバーが促進されることで、角栓による毛穴の詰まりだけでなく、メラニン毛穴にも効果が期待できます。

保湿をしっかりする

毛穴の汚れや詰まりの原因の大元は、肌の乾燥であることが多いです。

肌の乾燥によってターンオーバーが乱れたり、皮脂分泌が過剰になることで角栓メラニン毛穴の原因となります。

肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後はしっかりと保湿をすることを心がけましょう。

保湿の際には、化粧水だけでなく美容液や乳液、クリームも使用して肌の水分を逃さないようにすることが大切です。

スキンケアアイテムを選ぶときには、

肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後はしっかりと保湿をすることを心がけましょう。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などの保湿効果が高い成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

ホットタオルを利用する

毛穴の汚れや詰まりを解消するためには、ホットタオルを取り入れるのもおすすめです。

洗顔の前やスキンケアの前にホットタオルを使用することで、毛穴を開いて角栓を取り除きやすくしたり、肌の血流を良くしてターンオーバーを促進することができるんだとか。

角栓による毛穴汚れや、メラニン毛穴に効果的です。

ホットタオルを使ったケアのやり方

ホットタオルを使ってケアする方法は簡単です。

  • タオルを水に濡らして水が垂れないくらいに軽く絞る
  • 500W〜600Wの電子レンジで30〜60秒チンする
  • タオルを手で叩くなどして適温になるまで冷ます
  • 温かいと感じるくらいの温度になったら顔にのせ、2〜3分放置する
  • 洗顔やスキンケアを行う

ホットタオルを使って毛穴を開いてから洗顔やスキンケアをすることで、毛穴の汚れが落ちやすくなったり、スキンケアの浸透が良くなる効果が期待できます。

ただし、ホットタオルで毛穴を開いた後は、肌の水分が蒸発しやすくなっていることも事実。

肌の乾燥を防ぐために、スキンケアの仕上げには乳液やクリームなどの油分でフタをしてあげましょう。

また、毛穴に詰まったメイク汚れを落としたいからとクレンジング前にホットタオルを当てるのはNGです。

毛穴が開くことでメイク汚れが毛穴の奥に詰まってしまう原因になるので、ホットタオルは必ずメイクを落とした後に使用しましょう。

紫外線対策を万全にする

紫外線を浴びることで肌の乾燥メラニンの生成が進み、角栓による毛穴の詰まりやメラニン毛穴の原因になってしまいます。

毛穴汚れの対策のためには、紫外線対策を万全にしておくことが大切です。

夏以外の季節でも日焼け止めを欠かさず使用したり、UV機能のついた化粧品や日傘なども合わせて使用することで、徹底的に紫外線をブロックしましょう。

ピーリングやスクラブを利用する

毛穴汚れには、肌の古い角質を取り除いてくれるピーリングやスクラブも効果的です。

古い角質を取り除くことで角栓対策ができるだけでなく、肌のターンオーバーを促進させる効果も期待できます。

しかし、ピーリングやスクラブは頻繁にやりずぎると肌の負担になってしまいます。

週に1〜2回程度のスペシャルケアとして行いましょう。

美白化粧品を使う

メラニン毛穴には、メラニンの生成を抑制する美白化粧品を使用するといいでしょう。

メラニンの生成を防ぐ作用をもつ成分には、

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ハイドロキノン

などがあります。

特にハイドロキノンは、すでにできてしまったメラニンによる色素沈着を薄くする効果があるとされていて、メラニン毛穴の改善におすすめの成分です。

生活習慣を改善する

毛穴の汚れを解消するためには、肌の外側からだけでなく内側からのケアも重要です。

  • 質の良い睡眠をとる
  • バランスのとれた食事をする
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない

などのことに気をつけることで、毛穴の悩みの対策・解消に繋がりますよ。

具体的には、

  • 寝る前にはブルーライトを浴びない
  • ビタミン・ミネラルやタンパク質を積極的に摂る
  • ストレッチや入浴で代謝を上げる

などを行うと良いでしょう。

産毛のケアをする

産毛によって毛穴が黒く見えてしまっている場合は、産毛のケアをするのが効果的です。

自己処理も可能ではありますが、やり方を間違えると肌に負担をかけたり傷つけてしまうことにもなりがちです。

脱毛サロンなどで脱毛するか、プロにシェービングしてもらうのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、気になる毛穴汚れの原因や対策についてご紹介しました。

毛穴の黒ずみや詰まりが解消されると、毛穴レスの美肌に近づくことができます。

日頃から毛穴汚れを目立たせないように対策を行なっていきましょう!

コメント