メイク前にひと手間!化粧ノリをよくする3つの方法をご紹介

スキンケア

「ファンデーションが浮いている」「肌がくすんで見える」「お化粧がよれる、ムラになる」など、化粧ノリが悪いとせっかく時間をかけてメイクしても気分が落ち込んでしまいますよね。

今回の記事では、化粧ノリが悪くなる原因と、メイク前にひと手間加えるだけで化粧ノリがよくなる方法をご紹介します。

ご紹介する方法は、家事や仕事で忙しい女性も簡単にできるものですので、ぜひお試しください!

化粧ノリが悪い原因は?

化粧ノリが悪くなるのには、次のような肌状態が影響しています。

  • 肌が乾燥している
  • 古い角質が溜まっている
  • 余分な皮脂が多い

これらの肌状態が原因となって肌のキメが乱れてしまい、その結果として化粧ノリが悪くなってしまうのです。では、これらの原因について解説していきます。

原因①:肌が乾燥している

肌の乾燥は、バリア機能が低下し、肌の水分量が少なくなることで引き起ります。

表皮の最も外側の角質層にあるバリア機能は、外部の刺激から肌を守り、水分の蒸散を防ぐ働きがあります。

空気の乾燥間違ったスキンケア生活習慣の乱れなどでバリア機能が低下すると、水分量が減少してしまい、乾燥を引き起こしてしまいます。

乾燥肌になると、皮膚がカサついたり粉が吹いたりします。

そして、このようなカサカサの肌状態になると、お化粧が肌にうまく馴染まず、化粧ノリが悪いと感じるのです。

原因②:古い角質が溜まっている

角質がたまる原因は、ターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーは、細胞の生産から脱落を繰り返すサイクルのことです。

4つの層からできている表皮では、最下層にある基底層で肌の細胞が作られています。

そして、基底層で作られた細胞は、成熟しながら徐々に外側に移動し、表皮の最も外側にある角質層で肌の保護を行った後に剥がれ落ちます。

ターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるべき細胞が肌の表面に残ったままの状態になります。

そして、肌のくすみゴワつきニキビなどのトラブルが発生してしまい、化粧ノリが悪くなるのです。

原因③:余分な皮脂が多い

皮脂が余分に分泌されると、ファンデーションと肌の間に皮脂が溜まります。

そのため、ファンデーションの浮きやよれを感じる、化粧崩れが早くなるといった化粧ノリの悪さを感じるよういなります。

皮脂は、肌の水分量を守る働きや、異物が侵入するのを防ぐ役割があり、適度に分泌されている状態であれば肌に悪影響はありません。

しかし、過剰な洗顔やホルモンバランスの乱れなどが原因で、過剰に皮脂が分泌されると、乾燥ニキビといった肌トラブルを引き起こします。

化粧ノリをよくするためには、スキンケアや生活習慣にも注意し、皮脂のバランスを保つことが大切なのです。

メイク前のひと手間で化粧ノリをよくする3つの対策

化粧ノリをよくするためには、メイクの前に肌状態を整えておくことがポイントです。

スキンケアや生活習慣の見直しといった方法もありますが、ここでは、メイク前にひと手間加えるだけでOKな3つの方法をご紹介します!

対策①:ホットタオル

ホットタオルは、肌を温めることで血行が促進され、化粧ノリが良くなる効果を期待できます。朝の洗顔前、または、洗顔後に行いましょう。

方法

  1. 清潔なタオルを水で濡らして軽く絞ってください。
  2. 電子レンジに入れ、500w~600wで30秒~1分程度温めます。タオルを手に取って、熱いと感じる場合は温めすぎですので注意しましょう。
  3. 顔全体を覆うようにホットタオルを30秒程度のせておきます。

こんな人におすすめ

  • 顔のむくみが気になる
  • スマホやパソコンなどで疲れ目に悩んでいる
  • 顔色がくすんで見える
  • 乾燥が気になる

注意点

  • ホットタオルの頻度は、週に1~2回程度から始めましょう。熱によるケアのため、やりすぎは肌に負担をかける可能性があります。肌の状態を見て、頻度を変えましょう。
  • 肌に炎症やかゆみを感じる場合は、使用をやめましょう。熱が刺激になっている可能性があるので注意してください。
  • ホットタオル後は、肌が水分を求めている状態です。化粧水や乳液などで保湿ケアをしてください。

対策 ② :マッサージ

メイク前のマッサージは、モデルさんや女優さんも実践している方法です。

スキンケアとメイクの間に1分~3分程度マッサージするだけで、化粧ノリが良くなるだけでなく、小顔効果も期待できます。

方法

  1. マッサージ前に、乳液やクリーム、オイルなどを顔に塗ってください。
  2. まずは、ファイスラインを引き上げるようにマッサージします。人差し指と中指2本を顎の下に置きます。そのまま、両手で耳の横まで滑らせるようにフェイスラインを引き上げていきます。
  3. ②を5回程度繰り返してください。
  4. 次に、目の下のマッサージをします。人差し指、中指、薬指の3本を、目の下(鼻の横)に置きます。両手で軽く押すように、目の下の骨に沿って、耳の付け根まで流すようにマッサージをします。
  5. ④を3回程度繰り返してください。
  6. 次に、額のリンパを流していきます。人差し指、中指、薬指の3本を、額に置きます。両手で、額の真ん中からこめかみまで、額をなでるようにスライドさせます。そのまま、こめかみから顎の付け根まで、なでるようにスライドさせてください。
  7. 最後に、リンパを鎖骨まで流していきます。顎の付け根にある両手を、鎖骨までなでるようにスライドさせます。鎖骨までスライドさせれば、鎖骨を2回~3回程度軽く押してマッサージ終了です。

こんな人におすすめ

  • 顔のむくみが気になる
  • 小顔を目指したい
  • クマが気になる
  • 肌のトーンが暗く感じる

注意点

  • 力が強すぎると肌に負担を与えてしまいます。適度な力で優しくマッサージしましょう。
  • 乾燥した状態でマッサージをすると肌に刺激を与えてしまいます。必ず保湿ケアをしてからマッサージをしてください。

対策 ③:パック

乾燥や毛穴の引き締めを改善し、化粧ノリをよくする効果が期待できます。身支度をしながらできる朝パックは、朝のバタバタした時間を有効活用したい女性におすすめの方法です。

方法

  • 洗顔をし、化粧水を肌になじませます。
  • パックを肌に密着させるようにつけます。目や口の周りはパックが浮きやすくなるので、しっかりと貼り付けてください。
  • 商品説明欄に書かれてある時間(5分~15分程度)置いて、パックをはずします。
  • パックをはがした後、顔に残っている美容液を手で優しくたたき込みます。肌をこすったり、力を入れすぎないように注意してください。
  • 美容液が肌に浸透したら、保湿クリームで蓋をします。

こんな人におすすめ

  • 乾燥肌が悩み
  • 化粧が崩れやすい
  • 毛穴を引き締めたい
  • 朝はバタバタしているので手間をかけたくない

注意点

  • 朝に使用しても問題のないパックを選びましょう。夜用のスペシャルケアパックは、美容液の浸透に時間がかかり、メイク前に使用すると化粧崩れしやすくなる可能性があります。
  • パックをつける時間や、使用頻度は、商品説明欄に記載されている内容を守りましょう。パックを長時間つけることにより、乾燥や肌トラブルを引き起こす可能性があります。また、過度の使用により、肌に負担をかける可能性もあるので注意してください。

まとめ

今回は、化粧ノリがよくなる方法をご紹介しました。

化粧ノリが良い日は、気分もあがりますよね!

メイク前のひと手間で効果を期待できる方法ですので、ぜひ試してみてください!

コメント