30代からの肌の悩みランキング!原因と対策も要チェック

エイジングケア

30代になると10代20代の時と比べ、肌への悩みが多く現れてきます。

また悩みのタネも変化してくるため、しっかりと対策することが美肌への近道です。

今回は、30代女性が悩みがちな肌トラブルをランキング形式でご紹介していきます。

30代からの肌悩み1位 “シミそばかす”

30代の半数以上が悩みを抱えているのが、「シミやそばかす」でした。20代の肌悩みランキングでは4位だったのに対し、30代でいきなり1位になっていることから、急に悩みを抱える人が増える肌トラブルのようです。

シミ・そばかすの原因

シミとそばかすはセットで出てくることが多いですが、実は全くの別物。

シミは色素細胞(メラノサイト)がメラニンを過剰に生成してしまうことによってできる直径数ミリの円状をしています。

頬や手の甲、腕など日焼けしやすい部分にできやすく、繰り返し紫外線を浴びてしまうことでシミの色が薄い茶色から濃くなってしまいます。

一方でそばかすは、雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、遺伝的要素が強く、幼児期に目立つものの年齢とともに消えていくことが多いのが特徴です。

5mm以下の細かいものが目の下や鼻周りに散らばって現れます。紫外線の影響で色が濃くなることもあるので注意が必要です。

シミ・そばかすをなくすには紫外線対策を

シミやそばかすを防ぐために重要なのは、紫外線対策です。

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があり、それぞれの特徴はこちらです

UV-A:雲や窓ガラスでも通り抜けてしまう非常に強い紫外線。肌の奥の真皮まで到達してしまうため、シミやそばかすの原因になります。PAの配合された化粧品日焼け止めで対策できます。

UV-B:UV-Aと比べると肌の表面にダメージを与える紫外線。紫外線が強い場所に長時間いると赤く炎症してしまうのは、この紫外線によるものです。

SPFが入った日焼け止めで対策できます。

シミやそばかすで特に注意したいのはUV-A。季節や天気問わず影響を受けてしまうので、日々の化粧下地をPA入りにチェンジして対策していきましょう。

30代からの肌悩み第2位 “毛穴のひらきや黒ずみ”

30代の肌悩みで2位にランクインしたのは、”毛穴の開き黒ずみ”でした。20代でも2位と上位につけている肌悩みです。

毛穴のひらきや黒ずみの原因

肌の毛穴は、ほこりや細菌などから肌を守りながら、汗を分泌することで体の温度調節を行っています。

本来必要以上に毛穴が開いてしまうことはないのですが、皮脂バランスが崩れてしまうと毛穴の開きや黒ずみにつながってしまうことも。

毛穴トラブルには大きく3つあります。

  • 毛穴が開いた状態:鼻周りにできやすく、皮脂の増えすぎが原因のポツポツ毛穴の状態
  • 毛穴が黒ずんだ状態:皮膚の表面の皮脂が酸化し黒ずんだ状態
  • 毛穴がたるんだ状態:皮膚内部のコラーゲンが現状し、毛穴の形が楕円形になってたるんだ状態

毛穴のひらきや黒ずみの対策

毛穴トラブルが気になり始めたら、酵素洗顔で対策するのがおすすめ。

酵素洗顔は、通常の洗顔料では落としきれない古い角質や汚れを落とし、保湿力も兼ね備えた万能化粧品です。

オルビスのパウダーウォッシュプラスは洗顔ネットを使うと弾力のある泡ができると話題であるだけでなく、肌がつっぱりにくいので乾燥肌にもぴったりです。

30代からの肌悩み第3位 “肌の乾燥”

30代の肌悩みの3位にランクインするのが肌の乾燥。20代の肌悩みと同様に第3位になっており、多くの女性が悩んでいるようです。

肌の乾燥の原因

特に乾燥が気になりやすいのは、目元や頬、デコルテなど皮膚は薄く皮脂の分泌が少ない場所

肌が乾燥してしまう原因は、空気の乾燥によって皮膚の表面のバリア機能が弱まり、肌内部に水分を保持することができなくなるからです。

乾燥した状態を放っておくと、かゆみや炎症だけでなく、シワやたるみにつながってしまいます。

肌の乾燥対策

肌の乾燥対策では、朝晩の洗顔後に保湿力のある化粧水を選び、日中もミスト状の化粧水などで保湿するのが効果的です。

化粧水では、ナチュリエのハトムギ化粧水をポンプ式ボトルやミストボトルに入れ替えて、乾燥が気になるタイミングでバシャバシャ使うのがおすすめ。

とてもリーズナブルなので惜しみなく使うことができます。

また、化粧水以外にお風呂上がりに顔用のパックをすることも効果があります。

シートマスクだけでなく、クリームタイプのものは保湿時間が長いので、寝ている間も乾燥から肌を守ってくれる優秀アイテム。

お豆腐屋さんが作った”豆腐よーぐるとぱっく 玉の輿”は豆腐のイソフラボンと酵母の力で高保湿なのでおすすめです。

30代からの肌悩み第4位 “ニキビ・吹き出物”

肌悩みで4位にランクインしたのが、ニキビや吹き出物でした。

ニキビ・吹き出物の原因

ニキビや吹き出物は、皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴が塞がれてしまい、その中でアクネ菌が増殖することが原因でできてしまいます。

体質や肌質によってニキビや吹き出物ができやすい人がいますが、汗をかきやすい時期やストレスが溜まってしまっている時、メイクがしっかり落とせていない時などは、誰でもニキビや吹き出物ができやすくなります。

すぐに治るケースも多いものの、放置しておくと跡に残ってしまうこともあるので注意が必要です。

ニキビ・吹き出物の対策

ニキビや吹き出物ができにくい肌にするには、肌を清潔な状態に保ち、シートマスクなどで保湿をすることが大切です。

また、肌の調子があまり良くない時には、なるべくお化粧を控えるか、薄づきのファンデーションを選ぶようにしましょう。

30代からの肌悩み第5位 “たるみ”

肌悩みランキング5位はたるみでした。

実はこの悩み、20代の肌悩みランキングでは圏外になっているので、30代になってから気になり始める悩みのようです。

50代と60代ではランキング1位とかなり悩んでいる人が多い項目です。

たるみの原因

顔の皮膚のたるみは、年齢を感じさせ一気に老けた印象に見せてしまいます。

たるみの原因は、皮膚内部のコラーゲン生成が遅くなったり、表情筋が衰えたりすることによるものです。

たるみ対策

たるみは女性のエイジングサインでもあることから、日々のスキンケアでエイジング専門のものを取り入れてみましょう。

たるみ対策になる成分は「ビタミンC」と「レスベラトロール」。

ビタミンCはコラーゲン生成のサポートを、レスベラトロールは肌老化を抑制するとされています。

日々の化粧水を選ぶ際に、この成分が含まれているかチェックするようにしましょう。

30代から肌悩みが増えるわけ

ターンオーバー周期

30代になってから肌悩みが増えてしまう大きな理由の1つに、年齢によるターンオーバー周期の違いがあります。

そもそもターンオーバーとは、皮膚が一定の期間をかけて新しく生まれ変わる”肌の新陳代謝”のこと。

正常な肌のターンオーバーの周期は約28日なのですが、年齢とともにそのペースは落ちてしまい30代には一気に40日前後に伸びてしまいます。

つまり肌細胞が生まれ変わるまでに時間がかかるようになり、シミやニキビが直りづらくなったり、慢性的な乾燥を引き起こしたりといった、ランキングにあるような肌悩みの原因にもなっています。

ターンオーバーは短すぎても、肌に潤いを与えるセラミドが十分に作られずにトラブルにつながるため、正常化していくことが大切です。

ターンオーバーを正常化するには、夜に質の良い睡眠をとるようにし、体そのもののリズムを整えていくことが必要です。

もそもターンオーバーとは、皮膚が一定の期間をかけて新しく生まれ変わる”肌の新陳代謝”のこと。

正常な肌のターンオーバーの周期は約28日なのですが、年齢とともにそのペースは落ちてしまい30代には一気に40日前後に伸びてしまいます。

つまり肌細胞が生まれ変わるまでに時間がかかるようになり、シミやニキビが直りづらくなったり、慢性的な乾燥を引き起こしたりといった、ランキングにあるような肌悩みの原因にもなっています。

ターンオーバーは短すぎても、肌に潤いを与えるセラミドが十分に作られずにトラブルにつながるため、正常化していくことが大切です。

ターンオーバーを正常化するには、夜に質の良い睡眠をとるようにし、体そのもののリズムを整えていくことが必要です。

まとめ

30代になるとそれまで感じなかった肌の悩みの抱えるようになり、不安になることも多いかもしれません。

それぞれの肌悩みの原因を知ってケアをすれば徐々に気にならなくなることも多いので、今のうちからしっかりと対策をしていきましょう。

コメント