【肌悩み】大人ニキビの原因やできやすい場所、治す方法について

スキンケア

大人ニキビは、「スキンケアに気を付けてもなかなか治らない」「繰り返しニキビができて困る」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

大人になってできるニキビは、思春期の頃に悩んでいたニキビとは、原因や対策方法が異なります。

今回の記事では、大人ニキビについて、原因やできやすい場所、治す方法などを解説していきます。

大人ニキビを改善するに、原因を理解し、正しい方法でケアを行いましょう!

大人ニキビ(吹き出物)ができる原因は?

大人ニキビは、20歳以降にできるニキビのことをいいます。

吹き出物との違いを気にする人もいますが、基本的には「吹き出物=大人ニキビ」と考えてください。

ニキビの発生は、皮脂が毛穴に詰まることでアクネ菌が繁殖し、それによって肌が炎症を起こした状態をいいます。

つまり、ニキビができないようにするには、毛穴に皮脂を詰まらせないことが重要なのです。

大人ニキビの場合は、毛穴が詰まる理由として、次のような原因があげられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレスや疲れ
  • 食生活の乱れ
  • 便秘
  • 紫外線
  • 間違ったスキンケア
  • 肌の乾燥

これらを見ると、原因は、スキンケアや乾燥肌といった体の外側だけでなく、体の内側にも潜んでいることが分かると思います。

20代~30代は、家事や仕事が忙しくて生活習慣が乱れがちです。

また、出産や加齢に伴うホルモンバランスや体調の変化もあり、大人ニキビに悩まされる方が多いのです。

大人ニキビと思春期ニキビは、できる原因が違う

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、毛穴が詰まる原因にあります。

大人ニキビの場合は、生活習慣や乾燥などにより、毛穴周辺のターンオーバーが過剰になることが原因です。

一方、思春期ニキビの場合は、ホルモンバランスの変化により、皮脂分泌が過剰になることが原因です。

「思春期にはニキビが一切できなかったのに、大人ニキビに悩まされている」

「思春期はニキビがすぐ治ったのに、同じ薬を使っても大人ニキビが治らない」

という方は、まずは大人ニキビと思春期ニキビの違いを理解しましょう。

思春期ニキビと同じケアをしていると、大人ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

大人ニキビを治すためには、大人ニキビに合わせた正しい方法でケアを行っていくことが大切です。

大人ニキビ(吹き出物)ができやすい場所と原因について

大人ニキビは、原因によってできる場所が異なります。

つまり、大人ニキビができる場所は、体が不調を訴えているサインになっているのです。

大人ニキビができやすい場所は、次の6か所になります。

  • おでこ(額)
  • あご(顎)
  • 口の周り
  • 背中

場所ごとの原因や体の不調を知ることで、正しいケアや予防方法を理解できます。

ここからは、場所ごとの原因について解説していきます。

場所①:おでこ(額)

おでこにできる大人ニキビは、体の外側からの影響が原因となっている可能性が高いです。

例えば、次の3つのような原因があります。

  • 前髪や整髪料による刺激
  • シャンプーや洗顔料のすすぎ残し
  • 間違ったスキンケア

これらを改善しても治らない場合は、ストレスや生理周期によるホルモンバランスの乱れが考えられます。

場所②:あご(顎)

あごにできる大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多いです。

まずは、ストレス解消や睡眠時間の確保など、生活習慣を見直すようにしてください。

あごに大人ニキビができると、「繰り返し同じ場所にできる」「なかなか治らない」といった症状を感じる場合が多いです。

これは、複数の原因が合わさってできることにより、再発しやすくなっていること、症状が悪化しやすくなっていることが影響しています。

間違ったケアを行うと化膿や炎症を引き起こすこともあるので、適切なケアで改善することが大切です。

場所③:頬

皮脂の分泌量が少ないので、頬はニキビができにくい場所です。

しかし、実際には大人ニキビで悩んでいる方が多い場所でもあります。

頬にできる大人ニキビは、次のような様々な原因が考えられます。

  • 乾燥によるバリア機能の低下
  • 冷えによる血行不良
  • 睡眠不足などの不規則な生活
  • 脂質の多い食事などのバランスの悪い食生活
  • 生理周期やストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 寝具(枕、布団など)や化粧道具に繁殖した雑菌
  • 肌に合っていない化粧品の使用

以上の通り、外的要因と内的要因のどちらも原因として考えられるため、生活とスキンケアの両方を見直す必要があります。

頬の大人ニキビは、ニキビ跡として残りやすい人もいるので、早めのケアを心がけましょう。

場所④:口の周り

鼻は、皮脂の分泌が多い場所なので、思春期ニキビができやすい場所です。

しかし、鼻の毛穴は皮脂が詰まりやすい構造であることから、大人ニキビに悩まされている人も少なくありません。

大人ニキビが鼻にできてしまった場合は、次のような原因を疑ってみてください。

  • 紫外線による影響
  • 花粉症で鼻をかむ回数が増えたことにより、皮脂を過剰に取り除く
  • ファンデーションの洗い残し
  • 過剰な角質ケア
  • 暴飲暴食による過剰な皮脂分泌

鼻の場合は、皮脂の分泌量のバランスを適切に保つことで改善が期待できます。

正しいスキンケアを行い、生活習慣を見直すようにしましょう。

場所⑥:背中

自分で見えないために気付きにくい背中の大人ニキビですが、背中はニキビができやすい場所の一つなのです。

背中には、皮脂腺が多くあり、毛穴に皮脂が溜まりやすいという特徴があります。

また、服を着ているときの摩擦や蒸れによって、菌が繁殖しやすいのです。

背中のニキビは、生活習慣によるホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高いです。

食事や睡眠の見直しや、ストレス解消を心がけることがおすすめです。

また、お風呂で体を洗う際には、洗い残しやすすぎ残しのないように気を付けましょう。

背中を清潔に保つことで、大人ニキビの予防にも繋がります。

大人ニキビ(吹き出物)を治す方法

大人ニキビを治す方法は、肌のターンオーバーを正常にすることが大切です。

ホルモンバランスの乱れや、外側からの刺激をなくすようにしましょう。

大人ニキビを治す方法のポイントとしては、次の4つに気を付けることをおすすめします。

  • 正しいスキンケアを行い、水分量を適切に保つ
  • 暴飲暴食をやめ、バランスの良い食事をとる
  • 午後10時~午前2時には就寝するようにし、規則正しい生活をする
  • ストレスをためないようにする

まとめ

大人ニキビについて、できる場所別の原因や治す方法について解説しました。大人ニキビは、原因を正しく理解すれば対策や予防方法を見つけられます。正しいケアで大人ニキビのない美肌を手に入れましょう!

コメント