【肌質別】ファンデーションの選び方!長時間メイク崩れ知らずの美肌になる方法

メイク

パウダーやリキッドなど、ファンデーションにはさまざまな種類のものがありますが、自分に合ったものを使うことができていますか?

ファンデーションが肌質に合っていないと、メイク崩れを引き起こすきっかけになってしまうこともあり、メイクをキレイに保ちにくくなってしまいます。

そこで今回は、崩れないベースを作るための肌質別ファンデーションの選び方についてご紹介しましょう。

肌のタイプは大きく分けて5種類

まずは、肌質にはどのような種類があるのかをご紹介しましょう。

肌タイプを大きく分類すると、以下の5種類に分けられます。

乾燥肌

乾燥肌は、肌の水分量が少なくなっている肌質のことです。

肌がカサカサしたり、乾燥によって粉を吹いたような状態になってしまうこともあります。

乾燥肌の人は肌の表面を覆う皮脂量も少ない傾向にあります。

皮脂には肌の内側からの水分蒸発を防ぐ働きがあるので、皮脂が少ない乾燥肌タイプの人は、肌から水分が蒸発しやすい状態になっているのも特徴です。

脂性肌

脂性肌は、皮脂の分泌量が多く全体的に脂っぽい肌質のことです。

肌を触るとベタつきが気になります。

特に鼻やおでこ周辺のTゾーンは皮脂分泌が盛んなので、皮脂でヌルッとしていたり、テカリが気になるでしょう。

混合肌

混合肌は、乾燥肌と脂性肌の両方の性質を併せ持っている肌質です。

皮脂腺が多いTゾーンには脂性肌のようにベタつきがあるのに、それ以外の部分はカサカサしていて乾燥肌のようだ、という人は混合肌であると言えるでしょう。

敏感肌

敏感肌は、肌のバリア機能が低下することで刺激に敏感になってしまった肌質のことです。

肌のバリア機能が低下する要因は乾燥です。

そのため、乾燥肌が悪化することで敏感肌になってしまうことがあります。

敏感肌の人は肌トラブルを起こしてしまいやすいので、肌につけるものは刺激の少ないアイテムを選ぶことが大切です。

普通肌

普通肌は、肌の皮脂量と水分量が多くも少なくもなく、バランスが取れた肌質のことです。

安定していて健康的な肌なので、特にベタつきやかさつきが気になることはありません。

ファンデーションの主な種類は5つ

ファンデーションの主な種類は5つです。

それぞれの種類にどんな特徴があるのかご紹介しましょう。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、粉状のファンデーションを固めた固形タイプのものです。油分が少なくサラッとしたつけ心地が特徴です。

汗や皮脂に強いので、テカリ予防にも効果的です。

仕上がりはマットな質感になるものが多いです。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、液体状のファンデーションです。

液体状と言ってもテクスチャーはアイテムによってさまざまで、サラサラのものからこっくりとした重ためのものまであります。

水分・油分ともに多いので、つけていても肌の乾燥が気になりにくいのが特徴です。

肌にしっかり密着して肌悩みをカバーし、ツヤ感のある肌に仕上げてくれます。

クリームファンデーション

クリームファンデーションは、リキッドタイプよりも固めのテクスチャーのファンデーションです。

油分を多く含むので、保湿力に優れています。

クリームファンデーションはカバー力が高いのが特徴で、シミなどの隠したい肌悩みがある方にもおすすめです。

クッションファンデーション

液体状のファンデーションを含ませたスポンジがコンパクト内に入っているタイプのものが、クッションファンデーションです。

スポンジをパフで押してファンデーションをとり、肌に塗るという使い方をします。

使い方はパウダータイプ・使用感はリキッドタイプとよく似ているのが特徴です。

手を汚すことなくツヤ肌を作り出すことができる便利なアイテムです。

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、天然鉱物からなるファンデーションです。

ミネラルファンデーションの中にも、天然鉱物のみを使用したものや、天然鉱物以外の成分も配合されているものがあります。

天然鉱物が使用されているミネラルファンデーションは、肌に優しい使い心地が特徴です。

ファンデーションを塗った状態で過ごしても肌に優しいだけでなく、クレンジング時に落としやすいのでメイクオフの際に肌に負担をかけにくいのが嬉しいですね。

【肌質別】ファンデーションの選び方

それでは、どんなファンデーションを選ぶのがいいのかを肌質別にご紹介しましょう。

乾燥肌

乾燥肌の人におすすめなのは、

  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション
  • クッションファンデーション

の3種類です。

肌の水分や油分が不足している乾燥肌の方は、水分や油分を含んだファンデーションを使用して乾燥を防ぐのがおすすめです。

保湿力に優れたタイプのファンデーションを使用することで、メイク崩れを防ぐことができます。

肌にかける負担を少なくしたい方はリキッドファンデーションカバー力を重視したい方はクリームファンデーション、手軽さやメイクの時短を叶えたい方はクッションファンデーションを選ぶといいでしょう。

パウダーファンデーションは油分が少なく乾燥しやすいので、乾燥肌の人にはあまりおすすめしません。

乾燥肌の方がパウダーファンデーションを使用すると、肌のかさつきが目立ってしまいがちだからです。

さらに、よく動く口元や目元でひび割れを起こしやすくなります。

どうしてもパウダーファンデーションを使用する場合には、保湿成分が配合されたものを選ぶようにするといいでしょう。

脂性肌

脂性肌の人におすすめなのは、パウダーファンデーションです。

肌表面の皮脂量が多くオイリーになりがちな脂性肌の方には、油分が少ないタイプのファンデーションがおすすめ。

パウダーが皮脂を吸収してくれるため、皮脂によるメイク崩れに強いパウダータイプを選びましょう。

脂性肌の方にいちばんおすすめなのはパウダータイプですが、カバー力の面などでどうしてもリキッドタイプなどの他の種類を使いたい場合もあるでしょう。

そんなときには、ベースメイクの仕上げにルースパウダーなどを使用してメイク崩れを防ぎましょう。

その際には、テカリ防止に効果的なパウダーを使うのがおすすめです。

パウダーなどでテカリ対策をしないままリキッドファンデーションを使用してしまうと、皮脂の油分とファンデーションの油分によってメイクが崩れやすくなってしまうので注意しましょう。

混合肌

混合肌タイプの人は、メイク崩れ防止のためにファンデーションを使い分けるのがおすすめです。

皮脂分泌が多くテカリが気になるTゾーンにはパウダーファンデーションを、乾燥が気になるフェイスラインや頬・口元などにはリキッドやクリームファンデーションを使用するといいでしょう。

部位によってファンデーションを使い分けることで、混合肌の方でも崩れにくいベースメイクに仕上げることができます。

また、混合肌の人は、乾燥が激化することでメイクのノリが悪くなってしまいます。

潤い成分が配合されたファンデーションを選ぶといいでしょう。

敏感肌

敏感肌の人におすすめなのは、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションの中でも天然鉱物成分100%のものを選ぶなどして、肌への優しさを重視しましょう。

また、敏感肌の方は低刺激性のリキッドファンデーションを選ぶのもおすすめです。

水分・油分が含まれるリキッドタイプのファンデーションは、肌の潤いを守ってくれるのでバリア機能の低下防止に役立つでしょう。

逆に、クリームファンデーションは敏感肌の方にあまりおすすめしません。

カバー力が高いクリームファンデーションは、クレンジングの際に落としづらいことが多く、肌に負担をかけてしまいがちだからです。

水分・油分が含まれるリキッドタイプのファンデーションは、肌の潤いを守ってくれるのでバリア機能の低下防止に役立つでしょう。

逆に、クリームファンデーションは敏感肌の方にあまりおすすめしません。

カバー力が高いクリームファンデーションは、クレンジングの際に落としづらいことが多く、肌に負担をかけてしまいがちだからです。

普通肌

普通肌の人は、基本的にどの種類のファンデーションでも使いこなしやすいです。

そのため、メイク崩れよりも自分が目指す理想の肌を基準にしてファンデーション選びをするといいでしょう。

マットな質感に仕上げたい場合や、サラッとした触り心地の肌が好みの場合は、パウダーファンデーションがおすすめです。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを塗ってからフェイスパウダーを使用するのも、セミマットな仕上がりになるでしょう。

ツヤ肌に仕上げたい場合や、しっとりとした肌の質感が好みの場合は、リキッドファンデーションやクッションファンデーションがおすすめです。

水分量が多いリキッドやクッションタイプのものを使用することで、自然なツヤ感を出すことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は、5種類の肌質それぞれに合うファンデーションの選び方について紹介しました。

肌の特徴は人それぞれ。

自分の肌にあったファンデーションを選んで、崩れ知らずのベースメイクを目指しましょう!

コメント