メイク崩れの原因と崩れないメイクのポイント!正しいメイク法で1日中美肌をキープしよう

メイク

「メイクがすぐに崩れてしまう」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

時間とともにどんどんメイクが崩れてしまうと、化粧直しも大変ですよね。

そこで今回は、メイク崩れの原因や崩れさせないポイントについてご紹介します。

メイク崩れの原因は?

まずは、メイクが崩れてしまう原因についてご紹介します。

乾燥

肌が乾燥していると、メイクのノリが悪くなってメイク崩れしやすくなってしまいます

乾燥した肌はごわつきが気になったり、ときには粉を吹いたような状態になってしまうことも。

そのような肌にはメイクが密着しにくいので、時間とともにメイクが崩れてきてしまうのです。

エアコンなどの空調が効いた部屋で過ごすことが多い方や、空気が乾燥している冬場には、特に乾燥によるメイク崩れを起こしやすくなります。

汗をかくことでもメイクは崩れてしまいます。

汗の水分によってメイクが流れ落ちてしまうのです。

特に夏場の暑い時期には汗をかきやすいので、気づけばほぼスッピンのような状態になっていた、なんてことも。

皮脂

皮脂が多いこともメイク崩れの原因となります。

オイルクレンジングでメイクが落ちることを考えると、油分である皮脂にメイクが弱いというのは想像がつきますよね。

肌表面を覆う油分である皮脂が多いと、化粧品の成分が溶けてドロドロになってしまうのです。

また、皮脂が多いとメイクが肌に密着しにくいので、すぐにメイクが崩れてしまう原因になります。

スキンケア直後の肌にメイク

スキンケアの直後にメイクをすることも、メイクが崩れやすくなる原因です。

スキンケアでは化粧水などで水分を補い、乳液やクリームなどを使用して油分で肌にフタをしますよね。

つまり、スキンケア直後の肌は水分や油分が多く残っている状態なのです。

そのような状態でメイクを始めてしまうと、化粧品がうまく肌に密着することができず、メイクがすぐに崩れる原因となってしまいます。

ファンデーションが肌に合っていない

自分の肌に合ったファンデーションを使っていないことも、メイク崩れの原因となります。

例えば、皮脂が多い脂性肌タイプの人が油分の多いファンデーションを使用していると、すぐにテカテカと脂っぽくメイクが崩れてしまうことでしょう。

肌質などに合わせてファンデーションを選ばないと、ちょっとした原因でメイクが崩れやすくなってしまうのです。

厚塗り

カバーしたい肌悩みがある場合などには、ついついファンデーションを厚塗りしてしまいがち。

しかし、厚塗りはメイク崩れの原因となってしまいます。

ファンデーションに限らず下地などの他のアイテムにも言えることですが、厚塗りをするとメイクと肌がうまく密着できません

そのため、少しの汗や皮脂などでもメイクが崩れやすくなってしまうのです。

崩れ知らずのベースを作るポイント

それでは、崩れ知らずのベースメイクをするポイントについてご紹介しましょう。

正しい洗顔を行う

メイクの崩れを防ぐためには、正しい洗顔を行うことが大切です。

正しい方法で洗顔しないと、余分な皮脂が肌に残ったままになってしまったり逆に皮脂を落としすぎて肌を乾燥させてしまうことがあるので注意しましょう。

正しい洗顔方法のポイントは、

  1. しっかり洗顔料を泡だてる
  2. たっぷりの泡で肌をこすらないように洗う
  3. ぬるま湯で洗い流す

の3つです。 泡で包み込むように洗うことで、肌への摩擦を防ぐことができます。

また、熱すぎるお湯を使用することで肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、冷たい水だと皮脂などの汚れをしっかり落とせないので、体温より少し低い程度のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

メイク前にはスキンケアをしっかりと

メイクをする前には、適切なスキンケアをすることも大切です。

乾燥が気になる方はもちろん、皮脂が気になる方もしっかり保湿を行うようにしてください。

肌が乾燥することで皮脂分泌が過剰になることもあるので、保湿はメイク崩れの原因である乾燥と皮脂の両方に効果的と言えます。

化粧水で肌に水分を補給したら、乳液やクリームなどを使用して肌の内側からの水分蒸発を防ぎましょう。

皮脂が多くベタつきやすい方は、スキンケアの最後に毛穴引き締め作用のある収れん化粧水を使用するのもおすすめです。

スキンケア後に少し時間をおく

スキンケアをした直後にメイクを始めてしまうとメイク崩れの原因になるので、少し時間を置いてからメイクを始めるようにしましょう

スキンケアとメイクの間には、最低でも2〜3分は開けるようにします。

スキンケアを済ませてしまってからメイクまでの間に、食事をしたり歯を磨いたりなどの用事を済ませておくといいでしょう。

メイク前に余分な油分をティッシュオフ

スキンケア後に時間を置いたら、メイクを始める前にティッシュで顔の余分な油分をオフします。

肌に余分な油分があることによってメイクが崩れてしまう原因になるからです。

ティッシュオフの際はゴシゴシ擦らないようにしましょう。

軽くティッシュを押し当てる程度で十分に油分をオフできます。

下地・ファンデーションは薄く均一に

厚塗りはメイク崩れの原因になるので、下地やファンデーションは薄く伸ばすことを心がけましょう。

下地やファンデーションを塗るときは、顔の中心付近にのせてから、フェイスラインに向かって伸ばすように塗るのがポイントです。

そうすることで、顔に自然な陰影がつくだけでなく、厚塗りを避けることもできます。

肌質に合ったアイテムを選ぶことも大切

ファンデーションなどのアイテムが肌質に合っていないことも、メイクを崩れやすくする要因のひとつです。

自分の肌質に合ったアイテムを選ぶようにしましょう

例えば、乾燥肌の人がパウダーファンデーションを使うと、ひび割れを起こしてしまいやすいです。

肌の乾燥が気になる人は、水分や油分を含んだリキッドファンデーションを使用するのがおすすめです。

逆に、脂性肌の人が油分の多いファンデーションを使用すると、肌の油分が過剰になってメイクが崩れてしまいます。

皮脂の量が多い肌質の人は、油分の少ないパウダーファンデーションを使用するのがいいでしょう。

また、乾燥肌と脂性肌両方の性質を持った混合肌の人は、ファンデーションの種類を部分によって使い分けるのがおすすめです。

油分が多い箇所にはパウダータイプ・乾燥する部分にはリキッドやクリームタイプを使用しましょう。

仕上げにメイク崩れ防止スプレーを

メイクが終わったら、仕上げにメイク崩れを防ぐスプレーを使用するといいでしょう。

汗や皮脂によるメイク崩れに強いスプレーや乾燥によるメイク崩れに効果的なスプレーなど、メイクキープスプレーにもそれぞれ特徴があります。

自分のメイク崩れの原因に合ったスプレーを選ぶようにしてくださいね。

皮脂や汗はティッシュでオフ

メイク崩れを防ぐためには、汗や皮脂が出てしまったときに正しく対応するのも大切です。

汗や皮脂が気になったときには、ティッシュペーパーを押し当てるようにして優しくオフしましょう。

汗をタオルでゴシゴシと拭いたり、皮脂をあぶらとり紙で吸い取ったりすると、メイクが汚く崩れてしまう原因となるのでNGです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、メイク崩れの原因や崩れ知らずのベースを作るためのポイントについてご紹介しました。

崩れないメイクにするためには、汗や皮脂・乾燥などのメイク崩れの原因に対してしっかり対策することが大切です。

崩れないメイクのポイントを押さえて、1日中キレイをキープしましょう!

コメント