季節ごとに変わる肌悩みとその対策について。ポイントを抑えたボディケアで美肌を目指そう!

ボディケア

季節によって気温・湿度などの肌を取り巻く環境は変化します。

そのため、ボディケアも肌の状態、悩みに合わせて変えるのが美肌への近道。

今回は、季節ごとのボディケアの悩みとその対策についてご紹介します。

春に起きがちな肌悩みとその対策

春はニキビや吹き出物の悩みが出やすい季節

春といえばたくさんの花が咲いて暖かな日差しが降り注ぐ季節。

しかし、花が咲くということは花粉が気になる季節でもあります。

春風に飛ばされた花粉やホコリなどの汚れが肌に付着しやすくなるのです。

さらに、冬の間に蓄積された乾燥によって、春の肌はバリア機能が落ちていることも多いです。

バリア機能が落ちた肌に汚れが付着することで、ニキビや吹き出物などの肌荒れが出現しやすくなります。

春には紫外線量も多くなります。

肌のバリア機能が落ちている状態では、紫外線の影響も受けやすくなってしまいます。

特に春に注意すべきなのが、シワやたるみを引き起こす原因となる『紫外線A波(UVA)』。UVAは5月ごろにはすでに夏並みの強さで放出されています。

春の間からバリア機能を高め、紫外線対策をしていないと、どんどんハリのない肌になってしまうのです。

春のボディケアは汚れを落とす&バリア機能を高めることがポイント

春には、『肌の汚れをしっかり落とすこと』・『バリア機能を高めること』を重視して肌悩みへの対策をしましょう。

花粉やホコリなどの汚れが肌に残っていると、ニキビや吹き出物などの肌荒れの原因になってしまいます。

ついた汚れはその日のうちにしっかりとオフしましょう。

しっかり汚れを落とすことが肝心とは言っても、ゴシゴシと強く擦って洗うのはNGです。

ボディソープはよく泡だて、手や柔らかい素材のボディタオルを使用して優しく洗うようにしてくださいね。

また、使用するボディソープは保湿剤が使用されているものを選ぶのがおすすめです。

洗浄力の強すぎるものを使用すると、肌の乾燥を招いてしまったり、肌荒れをさらに悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

また、肌荒れや紫外線から肌を守るために、バリア機能を高めることも大切です。

肌のバリア機能は乾燥によって低下してしまうので、しっかりと保湿ケアを行ないましょう。

お風呂上がりにはボディクリームなどを使って乾燥対策をしてください。

肌のバリア機能は乾燥によって低下してしまうので、しっかりと保湿ケアを行ないましょう。

夏に起きがちな肌悩みとその対策

夏は肌の内側の乾燥や紫外線による肌悩みが出やすい季節

夏は外に出れば強い日差し・室内ではクーラーなどの空調にさらされる季節。

紫外線を浴びることで肌が軽度の火傷状態となり乾燥してしまいます。

さらに、クーラーによって乾燥した空気の部屋で過ごすことで、肌の水分が蒸発してしまい、乾燥しやすくなります。

夏は気温や湿度の高さから皮脂の分泌が盛んになるため、乾燥の悩みとは無縁な気がしますが、実は肌の内側では乾燥が進行していることも珍しくないのです。

肌の内側の水分量が十分でないと、肌のバリア機能が低下してしまいます。

夏には紫外線A波(UVA)・紫外線B波(UVB)ともに強くなっているので、バリア機能が低下した状態で紫外線を浴びると、肌は通常よりも大きなダメージを受けてしまいます。

このようにして、シミ・シワ・たるみなどの紫外線トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

夏のボディケアは美白&水分補給がポイント

夏には、シワ・たるみを引き起こすUVAだけでなくシミの原因となるUVBも強くなります。

シミができるのを防ぐために、メラニンの生成を防ぐ機能を持った美白化粧品を使ってボディケアを行いましょう。

さらに、肌の内側が乾燥しがちなので水分を補うことも大切です。

メラニンの生成を防ぐ効果が期待できる美白成分には、

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸

などがあります。これらの成分が配合されているアイテムを使ってボディケアをするといいでしょう。

また、夏におすすめなのは、ジェルなどのさっぱりしたテクスチャーのボディケア用品です。

ベタつきがちな夏の肌にも気持ちよく使用できるものを選びましょう。

また、紫外線を浴びてしまった後やお風呂上りには、顔・ボディ兼用の大容量化粧水などを使用して肌に水分を与えましょう。

化粧水を冷やして使用すると、日焼け後の肌のクールダウンも同時に行うことができます。

秋に起きがちな肌悩みとその対策

秋はシミ・くすみの悩みが出やすい季節

秋は気温が下がって血行が悪くなりがちな季節。

血流が悪くなると新陳代謝が悪くなってしまいます。

肌の新陳代謝も落ちるのでターンオーバーが遅れ、肌表面にメラニンを含んだ古い角質が残りやすくなります。

その結果、肌のトーンが下がってくすみが気になるのです。

秋は、夏の間に浴びた紫外線の影響によってシミが現れやすい季節でもあります。

紫外線によって生成されたメラニンが肌の表面に出てくることでシミができてしまうのです。

肌のターンオーバーの乱れによってメラニンの排出が滞っていると、さらに濃いシミができやすくなるので注意が必要です。

秋のボディケアは血行&ターンオーバーの促進がポイント

秋には、滞りがちな血流を良くして新陳代謝をアップさせたり、肌のターンオーバーを促すようなボディケアをすることが大切です。

まず、血行促進のために湯船に浸かって体を温めるようにしましょう。

入浴の際、お湯の温度が高すぎたり浸かる時間が長すぎると肌の乾燥を招いてしまいます。

38〜40度程度のぬるめのお湯に、15〜20分ほど全身浴するのがベストです。

また、肌のターンオーバーを促進するためにスクラブなどを利用するのもおすすめです。

肌表面の古くなった角質をオフすることで、ターンオーバーを正常に整えやすくなります。

ただし、スクラブは毎日使用すると肌に負担をかけてしまうので週に1〜2回程度の使用にとどめ、角質ケア後にはしっかりと保湿ケアを行なってくださいね。

冬に起きがちな肌悩みとその対策

冬は乾燥の悩みが出やすい季節

冬は室内も外も空気が乾燥しがちな季節。

乾燥した空気の中で過ごすと肌の水分が蒸発してしまうので、乾燥の悩みが出てくるでしょう。

乾燥すると、シワや毛穴の目立ち肌のバリア機能低下に繋がるだけでなく、さまざまな肌悩みを引き起こしてしまうきっかけとなりうるので、乾燥が激化する前に対策を行いましょう。

冬のボディケアは保湿がポイント

冬のボディケアでは、とにかく保湿を重視しましょう。

お風呂上りには、保湿力の高いローションなどで水分補給を行なってから、オイル・クリームなどの油分で肌にフタをして水分の蒸発を防ぎます。

お風呂上りの肌は毛穴が開いて保湿しやすくなっていますが、同時に水分の蒸発もしやすい状態です。

なるべく素早く保湿を行うように心がけましょう。

また、冬はシャワーだけでなくしっかりお湯に使って体を温めることも大切です。

温かいお湯に浸かることで、毛穴を開いてボディケアの浸透を良くすることができます。

入浴の際には保湿剤入りの入浴剤を使用すると、肌の潤いを保ちやすくなるのでおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、季節によって変わる肌悩みに応じたボディケアについてご紹介しました。

季節によって温度や湿度・紫外線の強さ・花粉の有無などの環境に違いがあるので、肌の状態もそれに合わせて変化します。

肌の悩みに合わせた対策を行なって、1年中美肌をキープしましょう。

コメント