朝と夜で違う!?肌の悩みに効くスキンケアの順番とポイントをご紹介!

スキンケア

毎日行なっているスキンケア。これまで何となくしてきたという方も多いのではないでしょうか?

間違ったスキンケアは、肌トラブルを引き起こしている可能性があるので注意が必要です。

今回は、朝と夜のスキンケアの順番や違いなどについてご紹介します。

スキンケアを正しい順番で行い、肌トラブルのない美肌を目指しましょう。

どうしてスキンケアが必要なの?

スキンケアは、健康的な肌を保つための基本的なケアのことです。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液などを使用したケアは、まとめてスキンケアと呼ばれています。

顔の肌は、常に外に出ているため、知らないうちに紫外線や汚れなどの多くの刺激を受けています。

なので、刺激により傷ついた肌をケアするために、スキンケアは重要です。

スキンケアを怠ると、肌への負担が蓄積され、肌トラブルを引き起こす原因になります。

例えば、乾燥することで角質層が正常に働けなくなると、肌のバリア機能が低下します。

すると、外部の刺激に弱くなってしまい、肌荒れに繋がるようになるのです。

このように、スキンケアの方法を間違ってしまうと、敏感肌を引き起こしたり、肌が弱ってしまうので気をつけましょう。

朝と夜のスキンケアは何が違うの?

ほとんどの方は、スキンケアを朝と夜に行なっていると思います。

しかし、朝と夜のスキンケアの違いを意識している人は少ないのではないでしょうか?

朝と夜のスキンケアの目的には、次のような違いがあります。

朝のスキンケアは、バリア機能の保護のため

夜のスキンケアは、肌をいたわるため

この違いを理解せず、適当にスキンケアをしてしまわないようにしましょう。

スキンケアを効果的なものにするために、正しい知識を持つことが重要です。

朝のスキンケアは、肌の保護のため

朝のスキンケアは、日中の刺激から肌を守るために行います。

夜のスキンケアに比べると、簡単に済ませてしまう人もいるかもしれません。

しかし、日中のダメージで肌に負担をかけないためにも、朝のスキンケアは手を抜かない方が良いです。

特に、紫外線やエアコンによる乾燥は、肌に大きな負担を与えています。

スキンケアでしっかりと保湿した上で、紫外線対策をしてとくことをおすすめします。

また、寝ている間も、部屋の中にあるホコリやハウスダストなどで肌は汚れています。

そのため、朝の洗顔を適当に済ませてしまってはいけません。

寝ている間の汚れが付着したままメイクをすると、ニキビや肌荒れを引き起こすこともあるので要注意です。

夜のスキンケアは、肌をいたわるため

夜のスキンケアは、日中の疲れを癒し、肌を休ませてあげるために行うものです。

栄養補給をしっかりすることで、翌日に備えることができます。

夜のスキンケアをさぼってしまうと、日中に受けた刺激が肌に溜まっていってしまいます。

これが肌トラブルを引き起こしてしまう原因になるのです。

例えば、日中の刺激により肌が乾燥しているのに、保湿ケアを怠ると、肌の乾燥状態は日に日に増すこととなり、大人ニキビや粉が吹く原因になってしまうのです。

夜のスキンケアでは、ターンオーバーを整え、正常な状態に肌を回復させてあげましょう。

乾燥してしまうと、肌の代謝が落ちてしまいますので、保湿成分が含まれた基礎化粧品でケアすることをおすすめします。

また、疲れが溜まった時にマッサージに行くのと同じように、肌への負担が大きくなってしまっていると感じたときは、スペシャルケアをするようにしましょう。

朝の効果的なスキンケア

先にお伝えしたように、朝のスキンケアでは、夜寝ている間の汚れを取ることと、肌バリアに重点を置くことになります。

そのため、朝のスキンケアは、洗顔、化粧水、美容液、乳液の4つは必ず行うようにしてください。

朝の時間は忙しく、スキンケアにかける時間がないという方もいると思います。

その場合は、オールインワンタイプの化粧品や、朝用のパックシートを使うと時短できるのでおすすめです。

スキンケアの順番

①洗顔

まずは、洗顔をしましょう。

洗顔は、肌を洗浄するものですので、刺激になりやすいという注意点があります。

洗顔は、肌タイプにあわせたものを選ぶようにしましょう。

乾燥肌の場合は、洗顔料を使わず、水かぬるま湯を選ぶ方が良い場合もあります。

乾燥しているということは、皮脂が少なくなっている状態です。

洗顔料を使うことで、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので注意しましょう。

②化粧水

化粧水をたっぷり手に取り、染み込むように顔につけてください。

肌に水分を浸透させるように、毛穴まで化粧水を行き渡らせるイメージでつけましょう。

効果を高めるためには、化粧水前の導入液を使うこともおすすめです。

③美容液

化粧水の後は、水分と油分のバランスを整えるために、美容液を塗りましょう。

化粧水だけでは、水分量が増えるだけとなり、油分とのバランスが崩れてしまう場合があります。

その結果、皮脂が増えてしまう人もいるので注意しましょう。

④乳液

肌に浸透させた水分の蒸発を防ぐために、乳液でフタをしましょう。

この時、乳液の滑りの良さを使って、リンパの流れを良くするマッサージをするのも効果的。

朝の浮腫みも解消できて一石二鳥です。

夜の効果的なスキンケア

夜のスキンケアでは、汚れをきれいに落として清潔な肌にすることと、疲れた肌に栄養を与えることがポイントです。

そのため、夜のスキンケアでは、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液と、必要に応じてパックやクリームのスペシャルケアも行うようにしてください。

朝のスキンケアと比べるとすることが増えますが、疲れた肌を癒すために必要なステップです。

翌日の朝を美肌で迎えるか汚肌で迎えるかの分かれ道になりますので、面倒くさがらずスキンケアを行ないましょう。

スキンケアの順番

①クレンジング

メイクをしている場合は、まずクレンジングから始めましょう。

顔の隅々までクレンジングを行ってください。

この時、強くこすりすぎてしまうと摩擦で肌を傷めてしまうので注意が必要です。

落ちにくいアイメイクなどは、ポイントメイク用のクレンジングを使用することをおすすめします。

②洗顔

クレンジングでメイクを落としてから、洗顔をしましょう。

肌に残っているクレンジングと、角質や汚れを落とすために、必要なステップです。

③化粧水

朝のスキンケア同様に、洗顔後は、化粧水をたっぷり使って肌に潤いを与えましょう。

夜のスキンケアでも、必要に応じて化粧水前に導入液を使用しましょう。

④美容液

水分と油分のバランスを整えるために美容液を使います。

夜の場合は、濃縮された美容成分が多く含まれている夜用の美容液を使うのもおすすめです。

寝ている間に美容成分が肌に働きかけてくれるので、翌朝の肌質やメイクのりに効果が期待できます。

⑤乳液

乳液を使って、肌に与えた潤いや美容成分にフタをしましょう。

⑥パック、クリーム

肌にハリや潤いがないと感じたときは、スペシャルケア用のパッククリームも使うのも効果的です。

栄養を与えてあげることで、肌の回復をサポートしましょう。

シートタイプのパックは、化粧水前に使用するものが多いので使用方法にあわせて使ってください。

まとめ

朝と夜のスキンケアについて、違いや効果的な順番をご紹介しました。

誤ったスキンケアは、肌トラブルを引き起こす原因の一つになります。

正しい順番でスキンケアを行い、ダメージ0の美肌を目指しましょう。

コメント